1 / 90123...102030...最後 »

空腹時こそ活躍する酵素ダイエットnew

空腹時こそ活躍する酵素ダイエット

空腹感は最大の調味料と言いますが、ダイエットに際してはこの空腹感は、かなりのマイナスとなることは間違いなく、お腹がすくことは非常につらいことでもあります。

空腹感は摂食中枢における一つのシグナルで、物覚えが付くまでには、動物の摂食行動として体に刻まれていますので、空腹は摂食の行動をあおるものです。

しかし、酵素ダイエットにおいては、この空腹時こそが効果的な摂取のチャンスであり、理想的なダイエットを行ううえで手助けとなってくれるでしょう。

空腹のメカニズムを理解しよう

空腹時にお腹が鳴って、恥ずかしい思いをしたことは誰しも経験のあることでしょう。しかし、食事をしばらく行わなくてもお腹が鳴るどころか、空腹感も起こらないといった経験もあるのではないでしょうか。

空腹感が起こっているときは、血糖値が低下し、すい臓からグルカゴン分泌され血液を通じて全身の皮下脂肪に到達すると、皮下脂肪から遊離脂肪酸というエネルギーを作り出そうとします。

遊離脂肪酸が増えてくると、摂食中枢にシグナルが送られてくる為に、エネルギー補給を促す為にお腹が減ったと感じるわけです。酵素ダイエットを行う際に、この空腹時を生かした健康法もあります。

お腹がすき過ぎると空腹感が無くなる訳

空腹時には、摂食中枢が刺激され、胃腸のぜん動が行われることでお腹が鳴るわけです。しかし、空腹を我慢し続けていると、副腎皮質からホルモンが分泌され、アドレナリンやノルアドレナリなどの作用で、肝臓のグリコゲン分解酵素に直接働きかけるという現象が起こります。

この影響で肝臓では、蓄えていた栄養を放出する為に、血中ブドウ糖濃度が上昇しますので、食物を取らなくても空腹感が起こらなくなるという結果に繋がります。

酵素ダイエットでは、この空腹時に酵素を摂取することで、優先的に酵素を吸収しますので、さまざまな利点が期待できるのです。

空腹時を生かした酵素ダイエットの利点

酵素ダイエットを行う上で効果的な方法は、食前に取ることで消化吸収を助ける作用がありますので、体にも負担が少なく効率的な栄養吸収ができるところにあります。しかし、空腹時に摂取することで優先的に消化吸収が行われますので、思わぬ効果も期待できるのです。空腹の際には、胃にも腸にも分解する食物が無い状態ですので、こうした状況で酵素サプリを摂ると、成分がそのまま血液中に吸収され易くなる状態が続きます。その為血液中にある老廃物に作用し、好ましくない成分を分解して炎症や怪我、または慢性疾患に自己免疫病やガン化、循環器系疾患にウイルス感染など、さまざまな効果を発揮することも認められています。


二日酔いの原因はアセトアルデヒドnew

二日酔いの原因はアセトアルデヒド

果たして体質の違いによる、上戸や下戸の違いがあるのでしょうか。

アルコールが毒素として肝臓で分解されることはよく知られていますが、この分解には酵素ダイエットでもおなじみの分解酵素が使われています。この分解酵素の力が強ければアルコールに強いことを示し、弱ければ二日酔いになりやすいということもわかっています。

体内に入ったアルコールは、胃と小腸上部で吸収され肝臓に運ばれると、まずアルコール脱水素分解酵素で分解され、水素とアセトアルデヒドができることで、悪酔いさせる原因となります。

お酒に弱いのは遺伝子のせい?

世の中には、お酒に強い人と弱い方がいますが、その理由として良く聞かれるのには、体質の違いにあるとよく言います。

人類には大きく分けて、白色系のコーカソイドと黒色系であるネグロイド、そして日本人は黄色人種でモンゴロイドとされていますが、この3つの人種間には酵素ダイエットでも有名な、体内に持つ酵素に大きな違いがあることがわかっています。

アルコールを分解する能力は、肝臓にあるアルデヒド脱水素酵素によっての違いがあり、分解能力に長けたALDH2を持つ遺伝子は、白色系黒色系ともに共通していますが、黄色人種にはこの遺伝子を持つ割合が40%程度しか存在しないことが、二日酔いになりやすい原因だったのです。

お酒に酔うことと二日酔いは別物

お酒を飲むことで多くの人々は血色が良くなり、弁舌になったりおおらかに騒いだりすることが多いと言えるでしょう。これは酔いという現象で、アルコールは酔うことを目的に飲酒しているとも言えます。

適度な飲酒はストレスを発散し、体内の血行を良くしてくれますので、適度な飲酒は健康にも良いことです。

かたや二日酔いは、アルコールの飲み過ぎが原因になります。飲み過ぎた翌朝の主な特徴は、頭痛や胸焼けなどの不快な症状が続き、食欲も減退してしまいます。

酔いとの違いはまさにここにあり、アセトアルデヒドの毒素のせいでこうした症状が起こってきますので、酵素ダイエットに含まれる酵素で軽減が可能なのです。

肝臓の分解作用とお酒による二日酔いの回避

酵素ダイエットにも種類はさまざまなものがあり、アルコールの分解をサポートしてくれる役割の酵素があります。

ただし二日酔いの原因とされるアセトアルデヒドは、体内臓器の肝臓による毒素分解酵素で、解毒を待つしかありません。これはある程度鍛えることで悪酔い防止になることも事実で、頻繁に飲酒する方で、シトクロムP450が増えることもあります。

ただし、手術などで麻酔を行う際に、麻酔を毒素と見なして分解してしまう為に、麻酔が効かなくなるといった弊害もあります。

したがって飲酒をする際には、悪酔いしないことを主眼に置いて飲み過ぎず、肝臓に良いとされるサプリをあらかじめ取っておくことをおすすめします。


酵素ダイエットとお酒の関連性

酵素ダイエットとお酒の関連性

酵素ダイエットを行うのに利用されるのが酵素の力ですが、実は日本酒も酵素の力で作られていることをご存知でしょうか。

お米で作られる日本酒の作り方は、米を蒸した後に麹と合わさることで、酵素による分解を行っています。この酵素は人間の体内にもあり、よく知られている酵素でアミラーゼという酵素は、お米の主成分であるでんぷん質をブドウ糖に変える役割があるのです。日本酒に甘みがあるのはこの麹の酵素作用のお陰と言えるでしょう。

またこのお米のデンプン質から変化したブドウ糖を、更に酵母でアルコールに変化させますが、これも酵母による分解作用というわけです。

ワインに見る酵母の力

世の中のお酒造りには、必ず酵母の力が必要になります。これは酵素ダイエットにも使われる酵素の力を利用して、糖分をアルコールに変化させる必要があるからです。

日本酒の世界においては、麴も使いますがこれはでんぷんを糖に変える必要がある為で、ワインづくりにおいてこのでんぷんを糖に変える作業が無いことが大きな違いと言えるでしょう。

ワインはブドウを原料に使う為に、元々ブドウ糖が存在しているので糖化の必要性がありません。しかし、このぶどう糖をアルコールに変えますので、同じく酵母は必要になってくるのです。ワイン造りに特別な酵母が使われることは無く、ブドウの皮に酵母が含まれているからです。

酵素ダイエットにお酒は禁物?

酵素ダイエットにお酒は禁物

酵素ダイエットには、糖分の含まれるお酒はある意味天敵のように思われていますが、アルコールはそもそも人間の体にとって、毒物という判定が下されますので、速やかに排出され身体に溜まって脂肪となることはないと考えている方も多いことでしょう。

栄養学を視野に入れながら、日夜ダイエットに励んでいる方には、まさに寝耳に水と思われるかもしれませんが、お酒は100mlあたりのカロリーはビールで40kcal、ワインで73kcal、日本酒で103 kcal、焼酎類が156kcal、ウイスキーやブランデーで235kcalと、アルコールが高ければ高いほど、そのカロリーが飛躍的な伸び率を表すことにお気づきでしょう。

酵素ダイエットとお酒のエンプティカロリー

お酒のカロリーは、エンプティカロリーと呼ばれるもので、純粋なエネルギーを意味しているものです。つまり生成された白砂糖もこのエンプティカロリーであり、カロリーは普通にあり体内で消費されています。

ピュアである為の弊害が強く訴えられているのも事実で、アルコールは体内に蓄積するものではありませんが、アルコールのカロリーを優先的に使う為に、体内の栄養素を利用しなくなるのです。

またアルコールを分解する際に肝臓を酷使して、酵素を無駄に使う上に使われないエネルギーを蓄えようとする作用が働き、脂肪肝になりやすい体質を作ってしまいます。しかし、酵素ダイエットに使う酵素を利用して、上手くサポートすることも可能になります。


酵素ダイエットと栄養の関係性

酵素ダイエットと栄養の関係性

ダイエットを行うにあたって、しっかりと考えておかなければならないのが、カロリー制限に関しての知識です。

単純に食事制限することは簡単ですが、バランスの悪い食事制限は、本来必要とされる栄養をもカットし、これによる体のトラブルによって、思わぬ弊害に悩まされることにもなりかねないという、危険性をはらんでいると知っておかなければならないでしょう。

酵素ダイエットとの併用は、体に必要な酵素を補ってくれるという特徴を持っていますので、より安全なダイエットを行う上で、その助けとなってくれるでしょう。

体のエネルギーとして摂取される栄養素たち

人間が生きて行く上で欠かせない栄養素は、主食となっているお米やパンに麺類などの糖質と、魚料理や肉料理に豆類などの蛋白質、また魚や獣肉植物の種子などに含まれる脂質です。

この3つは人間が生体活動を行う上で欠かすことのできないエネルギー源で、天秤ばかりのように互いにバランスを取り合い、効率的なエネルギーを生み出しているわけです。

糖質は純粋なエネルギーに使われ、蛋白質は体の細胞を作り出しており、脂質は細胞膜となり体の隅々に栄養を通わせ、丈夫な体を作るのに欠かせません。

どれか一部だけを制限しても、バランスが悪くなるだけですが、酵素ダイエットを行うことでリスクを減らせるのです。

栄養のバランスと酵素ダイエット

食物摂取のバランスが悪いと、いったいどんなことが起きるのでしょう。例えば焼き肉やとんかつ、唐揚げなどの食べ過ぎによる胃もたれや消化不良は、誰もが一度は経験することでしょう。

三大栄養素のうち、消化吸収の良い順に、糖質、蛋白質、脂質が挙げられますが、特に脂質は消化に時間がかかり、消化し始めるのには3時間以上経ってから始まりますので、油の摂り過ぎが胃もたれの原因となってしまうのです。

また加齢によっても、消化酵素の分泌が活発に行われないくなるので、酵素ダイエットによる酵素のサポートは、体にとって非常に良いことなのがお判りいただけるでしょう。

脂肪分の体内における吸収過程

多くの方は胃袋で全ての消化が行われると思っていますが、実際胃袋では胃酸の分泌により、多くの食物の消化が行われています。

しかし、脂質だけは消化は行われてはおらず、胃袋を通り過ぎてようやく消化が始まるのです。

十二指腸で脂肪を分解するのには、すい臓によるリパーゼという消化酵素が使われます。胆汁によって、エマルションという乳化過程を経ることで、脂肪が分解し易くなり酵素によって分解され脂肪酸となり、ようやく栄養として吸収過程に入ります。

酵素ダイエットによる、酵素の補助は消化を助けるだけではなく、消化不良も起きにくくなることがわかっています。


酵素ダイエットとウォーキングの相乗効果

酵素ダイエットとウォーキングの相乗効果

ダイエットを行う際には、酵素ダイエットを伴って行うことで、体に負担の無い痩身効果が期待できるというものです。しかし、運動を伴わないダイエットは、効果が少なくリバウンドによって、さらに太ってしまうという恐れの強いものなのです。

カロリーのほとんどは、運動エネルギーによって費やされるものですが、日頃運動しない人にとっては、筋肉量そのものが少ない為に、その消費エネルギーの量が少ない為に、効率が良くないので思ったような効果があげられない原因となっています。

しかし、急激な運動は体に負担をかけることもあり、長続きもしませんのでますがウォーキングから始めてみると良いでしょう。

ダイエット運動はウォーキングから始めよう

ダイエットはカロリー制限を重く置くだけではなく、適切な運動を取り入れることで、理想的な体形を取り戻すことができます。

酵素ダイエットの利点は、酵素の力によって新陳代謝も活発にサポートする役目がある為ですが、かといって始めから強い運動を行うことはおすすめできません。

特に日頃の運動不足を解消する為には、ゆっくり筋力をつけていくことが大切で、その点ウォーキングは初心者にもうってつけの運動方法と言えるでしょう。

ウォーキングのコツは、自分の肩幅より大きめの歩様で歩くことで、足が大きく振られ腿の付け根にある股関節や、ひざの関節に足首の関節などの腱も効果的に伸ばすことができます。

効果的なウォーキングペースが大事

酵素ダイエットを行いながらウォーキングすると、新陳代謝が良くなるためにより効果的なエネルギーを消費することが期待できます。運動不足な方がまず歩くのを進められるのは、この運動が体に無理のない運動であるからなのです。

ウオーキングは歩幅をゆったりと、背筋を自然に伸ばしながら、胸を張りゆったりと腕を交互に振りましょう。腕を振ることは大切で、ウォーキングのリズムをつかむことで、自分だけのペースを作り出すことができます。

ウォーキングと速歩

ダイエットに際して、酵素ダイエットとの併用で、より効果的にシェイプアップが可能になりますが、 ウォーキングはエネルギーを消費する方法として、無理なく行える運動方法です。

しかし、長く続けていくうちに、体の筋肉も慣れてくる為に思ったような効果が現れにくくなりますが、そうした場合にはジョギングを適度に入れることで、筋肉の使い方が変わってきますので、さらにエネルギーを効果的に消費することができるようになります。

ジョギング方法のコツは、疲れない走り方が重要で少し鼓動が早いくらいのペースを保つことが大切ですので、まずは速歩からゆっくり始めてみましょう。


1 / 90123...102030...最後 »