1 / 91123...102030...最後 »

生理とダイエットとの関係を理解しておこう

生理とダイエットとの関係を理解しておこう

女性にあって男性に無いもの、それはズバリ生理ですが、月経は女性特有のもので大人の女性へと移り変わり、妊娠が可能となった状態でもあります。

この時期には普段と違った肉体と精神状態となり、生理中は憂鬱な期間の為にブルーデイとも呼ばれてきました。

女性ホルモンと月経の関係は、エストロゲンの役割によって、女性の子宮に受精卵が着床し易くなるよう、子宮の内側の壁を分厚くすることが起こる時期が月経前に行われます。

そしてプロゲステロンの作用によって、子宮の内側を柔らかい膜を張ることで、より受精卵が着床し易くさせます。

生理前は酵素ダイエット効果があまり期待できません。

エストロゲンとプロゲステロンの更なる役割

女性ホルモンであるエストロゲンと、プロゲステロンは女性のを妊娠しやすいように、子宮を整えてくれる役割を行っていますが、役割はこれで終えたのではありません。この後プロゲステロンは、皮下脂肪を蓄える役割を行い、エストロゲンは脂肪を小さくする役割を担っているのです。

同じ脂肪に関わっているようですが実際には異なり、プロゲステロンが蓄えるの下半身に付きやすい皮下脂肪で、妊娠や出産を行うときの為に使われます。一方エストロゲンは、お腹まわりに付きやすい内臓脂肪を減らすことで、子宮の体積を大きくしているのです。

妊娠が行わなければ崩壊し生理中となりますが、酵素ダイエットの出番はこれからです。

酵素ダイエットと生理中の対処法

エストロゲンと、プロゲステロンの関係をもう一度細かく説明しましょう。

プロゲステロンは妊娠後の為に、せっせと脂肪を蓄えますので太りやすく、ダイエットにはあまり効果の無いことがお判りでしょう。しかし、エストロゲンは内臓脂肪を減らす役割をしますので、ダイエットには最適な状況だと言えますので、酵素ダイエットを行うのは、この時期が目安になります。

エストロゲンの内臓脂肪を減らす時期も決まっており、生理中ではなく生理後で月経の終わった日から10日間が、エストロゲンの影響で体重が落としやすくなるというわけです。

月経の周期をにらんだ効果的な酵素ダイエット

生理後から10日間が、エストロゲンの影響で体重が落とし易くなることがお判りいただけたと思いますが、酵素ダイエットを行うには、この10日間を集中して、ダイエットを行うと非常に効果的です。

生理中はこのホルモンが関与していませんが、逆にプロゲステロンが脂肪を蓄えようとしませんので、ダイエットを行っても構いません。問題は体重が増える時期にあたるプロゲステロンで、生理の終わった10日過ぎから行動を開始しますので、この時期にはダイエットの効果が薄くなりますので、減らすことは考えず体重維持に努めます。


効果的な酵素ダイエットのコツはここにある

効果的な酵素ダイエットのコツはここにある

人間が持つ酵素には消化器官にある消化酵素と、新陳代謝などを行う為の代謝酵素がありますが、暴飲暴食しなくても疲労が溜まったり病になることで酵素は使われて行きます。

その為にこれらの補助をすることがもっとも大切なことで、食事による酵素の摂取は体の酵素に大事なサポートを行ってくれるのです。

酵素ダイエットを行うコツは、このメカニズムを良く知っておくことが大事で、いつ体内の酵素が必要でいつ足りなくなるのかを見極めることによって、効果的なダイエットができるのです。

酵素を使って効果的なダイエット

最近の健康法は昔とはずいぶん様変わりをしており、体の仕組みや病の仕組み、そしてこの酵素の仕組みがわかってきたことで、その利用の仕方も変わってきました。

特にサプリメントの世界では、単に栄養を摂るだけではなく、人間が元から持っている治癒力や再生能力を上手く引き出す為の商品も増えてきました。

酵素ダイエットもその手段の一つで、体外から酵素を摂取することで、コツを掴めばダイエットに効果的なうえに、健康を上手く維持しながら理想の体形を維持することができるでしょう。

特に加齢による新陳代謝の低下は、皮下脂肪が溜まりやすくなり肥満の原因ともなるのです。

酵素ダイエットを取り入れる3つの方法

酵素を使った効果的なダイエットには3つの方法があり、上手くこの方法を日常生活の上で取り入れていくことが酵素ダイエットのコツと言えるでしょう。

一つ目は置き換え法という方法で、1日3食事を摂りますが、この3食のうち1食を酵素摂取に置き換えるというものです。

2つ目はファスティング法と呼ばれるもので、断食を行いながらその期間に酵素で補助して行こうというものですが、ファスティングは長期間やるものではなく、1日から1週間程度をめどにしておきます。

そして3つ目ですがフリースタイルで、普通に食事を行いながら食前に酵素を取り入れていく方法が3つの方法となります。

酵素ダイエットにおける3つの方法のコツ

まず置き換え法ですが、ファスティング法と共に体重制限をすることにおいては、最も効果的な方法になります。

人間は飢餓状態に陥ることで、体内の脂肪分をエネルギーに変えようと、体内の酵素を使いますので、酵素ダイエットを行ううえで、酵素を取り入れながら、置き換え法とファスティング法を行うことは、最も有効な手段であり安全な方法と言えるでしょう。ただし、水分はこまめに摂って行くことがコツとなります。

フリースタイルは、健康に留意した方法で、体形を維持しながら少しずつ体重を絞り込むのに適しています。ただし、適度な運動を行わなければ意味がないことも書き記しておきましょう。


酵母と酵素そして発酵の違いとは

酵母と酵素そして発酵の違いとは

酵母は生きた微生物で、大気中のどの世界にも住むありふれたものですが、その種類には違いがありお酒の醸造に使うアルコール酵母と、パンを発酵させる酵母には違いがあり、その種類も数え切れないほどあります。

この酵母から生み出されるものが酵素で、触媒として働くタンパク質一種であり、化学反応を起こしたり、物質合成や分解を行ったりするものとして、健康の為の酵素ダイエットとしても知られています。

一方発酵とは、生物による酵素反応のことを意味しており、その性質を利用して食品中の成分を別のものに変えることを意味しているわけです。つまりおおもとは酵母から連なっていると言えるでしょう。

酵素の本質は蛋白質である

酵素ダイエットでもおなじみの酵素の、正体はズバリ蛋白質です。

蛋白質は体内の消化酵素によって消化が行われますので、実際にいくら生の酵素を摂ったとしても、必ず消化してしまいそのまま酵素として体内にとどまることはありません。

実際のメカニズムは酵素の力によって酵素内の栄養素が強化されたり、新たな栄養素が作られたりしており、そのおかげで消化器官への負担が少なく、食物線維やビタミンの摂取ができることがわかっています。

そのおかげで、それらが体内酵素の活性化につながることで、結果として健康維持に役立つということが期待できるわけです。

酵素と健康維持が長寿の秘訣だった

日本人は古くから生食文化が盛んで、お刺身や生野菜に海藻類を良く食べてきました。

また日本は長寿の国であり、そのメカニズムを知るにあたって、酵素ダイエットにも使われている多くの酵素が含まれる発酵食品が、健康の秘訣であるとの結論が得られたのです。

ブルガリアも同じく長寿の国ですが、これも優秀な腸内細菌が見つかっており、同じく酵素の働きが長寿のキーポイントでした。

お刺身や生野菜に海藻類にも、酵素が含まれており、この栄養素を使うことで体内の酵素も活性化されるのです。

酵素ダイエットがなぜ健康維持に役立つのか

体内には消化酵素と代謝酵素があり、健康維持に深くかかわっていることがわかっています。大量に食事を摂ることで消化酵素は大量に消費され、足りない場合には代謝酵素が減って行くこともわかっています。

また逆に病気などで食欲を無くすのは、代謝酵素によってウイルスや細菌と戦う為に酵素が沢山使われ、これが原因で食欲を無くすとされます。

酵素ダイエットのサプリに含まれる酵素は、こうしたときには非常に有用で、体内で足りなくなった酵素の補助をしてくれる為に、回復力をアップさせてくれる効果が期待できます。

蛋白質が人間の蛋白質を作るように、酵素の元として使われて行きます。

 


酵素ダイエットと適正な血糖値

酵素ダイエットと適正な血糖値

血糖値は生命の維持に欠かすことのできないもので、脳内で使われるエネルギーは100%ブドウ糖で賄われているのです。

通常の健康体では、空腹時血糖が80~110mg/dl未満で、食後2時間ほどには血糖80~140mg/dl未満が、正常値の目安として考えられています。

基本的に70以下は低血糖とされますが、怖いことにこの数値が50を切るほどの低血糖になると、大脳のエネルギー代謝が維持できなくなるばかりか、精神症状を起こしたり失神したりすることがあり最悪死に至ります。

酵素ダイエットを行う際には、糖尿病の有無を確かめる必要もあります。

体内における血糖値のメカニズム

血糖とは、血液中のブドウ糖のことを表し、血糖値とは血液に含まれているブドウ糖の濃度で、食事で摂取した栄養素は腸でブドウ糖として吸収されながら血液を通って運ばれ、脳内や筋肉なのどエネルギーとして使われるのです。

血糖の値が高い状態が続くようになれば、過剰なブドウ糖の影響で次第に全身の血管や神経が傷つきますので、さまざまな臓器に障害が起こり、この値を平均値に戻す役割をインシュリンによって補っています。

酵素ダイエットの酵素の力が、血糖の値を上昇させるようなことは無く、酵素はかえって体のバランスを整えますので、健康には大変良いと言えるでしょう。

酵素ダイエットと糖尿病予防

糖は人間の体内では、ガソリンの役目を果たすものですが、糖の濃度が高まると血圧の上昇や、体重が増え易くなるほか、どろりとした血液になるなどの体の異変の原因となります。

そこで、インシュリンを使い血糖値を下げることになりますが、暴飲暴食や糖質を取り過ぎることで異常な分泌が起こってしまい、これが頻繁に続くとインシュリンが分泌されにくくなるのが、糖尿病というわけです。

最近注目されているのが、この酵素ダイエットで酵素を取り入れる方法で、糖尿病に欠かせないのが栄養のバランスですが、酵素はこの栄養バランスのサポートをしてくれる優れものと言えるでしょう。

酵素ダイエットで健康サポート

メーカーによって酵素の成分には差がありますが、多いものでは数百種類もの野菜や果物、また野草や海藻などを発酵させ、さらに熟成させることで作られていますので、栄養のバランス面に関してはかなり優秀だと言えます。

血糖値を下げるのには、やはり栄養のバランスは欠かせないもので、空腹時にも血糖が下がらないように体内で調整されており、食事以外にも睡眠不足や疲労、風邪などの病気や過度のストレス、生理前などの体調不良時にも数値が上がってきます。

またピルの服用や、副腎皮質ホルモン剤の使用も数値が上がりますので、糖尿の気があると言われる方は医師との相談も必要になるでしょう。

 


空腹時こそ活躍する酵素ダイエット

空腹時こそ活躍する酵素ダイエット

空腹感は最大の調味料と言いますが、ダイエットに際してはこの空腹感は、かなりのマイナスとなることは間違いなく、お腹がすくことは非常につらいことでもあります。

空腹感は摂食中枢における一つのシグナルで、物覚えが付くまでには、動物の摂食行動として体に刻まれていますので、空腹は摂食の行動をあおるものです。

しかし、酵素ダイエットにおいては、この空腹時こそが効果的な摂取のチャンスであり、理想的なダイエットを行ううえで手助けとなってくれるでしょう。

空腹のメカニズムを理解しよう

空腹時にお腹が鳴って、恥ずかしい思いをしたことは誰しも経験のあることでしょう。しかし、食事をしばらく行わなくてもお腹が鳴るどころか、空腹感も起こらないといった経験もあるのではないでしょうか。

空腹感が起こっているときは、血糖値が低下し、すい臓からグルカゴン分泌され血液を通じて全身の皮下脂肪に到達すると、皮下脂肪から遊離脂肪酸というエネルギーを作り出そうとします。

遊離脂肪酸が増えてくると、摂食中枢にシグナルが送られてくる為に、エネルギー補給を促す為にお腹が減ったと感じるわけです。酵素ダイエットを行う際に、この空腹時を生かした健康法もあります。

お腹がすき過ぎると空腹感が無くなる訳

空腹時には、摂食中枢が刺激され、胃腸のぜん動が行われることでお腹が鳴るわけです。しかし、空腹を我慢し続けていると、副腎皮質からホルモンが分泌され、アドレナリンやノルアドレナリなどの作用で、肝臓のグリコゲン分解酵素に直接働きかけるという現象が起こります。

この影響で肝臓では、蓄えていた栄養を放出する為に、血中ブドウ糖濃度が上昇しますので、食物を取らなくても空腹感が起こらなくなるという結果に繋がります。

酵素ダイエットでは、この空腹時に酵素を摂取することで、優先的に酵素を吸収しますので、さまざまな利点が期待できるのです。

空腹時を生かした酵素ダイエットの利点

酵素ダイエットを行う上で効果的な方法は、食前に取ることで消化吸収を助ける作用がありますので、体にも負担が少なく効率的な栄養吸収ができるところにあります。しかし、空腹時に摂取することで優先的に消化吸収が行われますので、思わぬ効果も期待できるのです。空腹の際には、胃にも腸にも分解する食物が無い状態ですので、こうした状況で酵素サプリを摂ると、成分がそのまま血液中に吸収され易くなる状態が続きます。その為血液中にある老廃物に作用し、好ましくない成分を分解して炎症や怪我、または慢性疾患に自己免疫病やガン化、循環器系疾患にウイルス感染など、さまざまな効果を発揮することも認められています。


1 / 91123...102030...最後 »