2 / 91123...102030...最後 »

酵素ダイエットとお酒の関連性

酵素ダイエットとお酒の関連性

酵素ダイエットを行うのに利用されるのが酵素の力ですが、実は日本酒も酵素の力で作られていることをご存知でしょうか。

お米で作られる日本酒の作り方は、米を蒸した後に麹と合わさることで、酵素による分解を行っています。この酵素は人間の体内にもあり、よく知られている酵素でアミラーゼという酵素は、お米の主成分であるでんぷん質をブドウ糖に変える役割があるのです。日本酒に甘みがあるのはこの麹の酵素作用のお陰と言えるでしょう。

またこのお米のデンプン質から変化したブドウ糖を、更に酵母でアルコールに変化させますが、これも酵母による分解作用というわけです。

ワインに見る酵母の力

世の中のお酒造りには、必ず酵母の力が必要になります。これは酵素ダイエットにも使われる酵素の力を利用して、糖分をアルコールに変化させる必要があるからです。

日本酒の世界においては、麴も使いますがこれはでんぷんを糖に変える必要がある為で、ワインづくりにおいてこのでんぷんを糖に変える作業が無いことが大きな違いと言えるでしょう。

ワインはブドウを原料に使う為に、元々ブドウ糖が存在しているので糖化の必要性がありません。しかし、このぶどう糖をアルコールに変えますので、同じく酵母は必要になってくるのです。ワイン造りに特別な酵母が使われることは無く、ブドウの皮に酵母が含まれているからです。

酵素ダイエットにお酒は禁物?

酵素ダイエットにお酒は禁物

酵素ダイエットには、糖分の含まれるお酒はある意味天敵のように思われていますが、アルコールはそもそも人間の体にとって、毒物という判定が下されますので、速やかに排出され身体に溜まって脂肪となることはないと考えている方も多いことでしょう。

栄養学を視野に入れながら、日夜ダイエットに励んでいる方には、まさに寝耳に水と思われるかもしれませんが、お酒は100mlあたりのカロリーはビールで40kcal、ワインで73kcal、日本酒で103 kcal、焼酎類が156kcal、ウイスキーやブランデーで235kcalと、アルコールが高ければ高いほど、そのカロリーが飛躍的な伸び率を表すことにお気づきでしょう。

酵素ダイエットとお酒のエンプティカロリー

お酒のカロリーは、エンプティカロリーと呼ばれるもので、純粋なエネルギーを意味しているものです。つまり生成された白砂糖もこのエンプティカロリーであり、カロリーは普通にあり体内で消費されています。

ピュアである為の弊害が強く訴えられているのも事実で、アルコールは体内に蓄積するものではありませんが、アルコールのカロリーを優先的に使う為に、体内の栄養素を利用しなくなるのです。

またアルコールを分解する際に肝臓を酷使して、酵素を無駄に使う上に使われないエネルギーを蓄えようとする作用が働き、脂肪肝になりやすい体質を作ってしまいます。しかし、酵素ダイエットに使う酵素を利用して、上手くサポートすることも可能になります。


酵素ダイエットと栄養の関係性

酵素ダイエットと栄養の関係性

ダイエットを行うにあたって、しっかりと考えておかなければならないのが、カロリー制限に関しての知識です。

単純に食事制限することは簡単ですが、バランスの悪い食事制限は、本来必要とされる栄養をもカットし、これによる体のトラブルによって、思わぬ弊害に悩まされることにもなりかねないという、危険性をはらんでいると知っておかなければならないでしょう。

酵素ダイエットとの併用は、体に必要な酵素を補ってくれるという特徴を持っていますので、より安全なダイエットを行う上で、その助けとなってくれるでしょう。

体のエネルギーとして摂取される栄養素たち

人間が生きて行く上で欠かせない栄養素は、主食となっているお米やパンに麺類などの糖質と、魚料理や肉料理に豆類などの蛋白質、また魚や獣肉植物の種子などに含まれる脂質です。

この3つは人間が生体活動を行う上で欠かすことのできないエネルギー源で、天秤ばかりのように互いにバランスを取り合い、効率的なエネルギーを生み出しているわけです。

糖質は純粋なエネルギーに使われ、蛋白質は体の細胞を作り出しており、脂質は細胞膜となり体の隅々に栄養を通わせ、丈夫な体を作るのに欠かせません。

どれか一部だけを制限しても、バランスが悪くなるだけですが、酵素ダイエットを行うことでリスクを減らせるのです。

栄養のバランスと酵素ダイエット

食物摂取のバランスが悪いと、いったいどんなことが起きるのでしょう。例えば焼き肉やとんかつ、唐揚げなどの食べ過ぎによる胃もたれや消化不良は、誰もが一度は経験することでしょう。

三大栄養素のうち、消化吸収の良い順に、糖質、蛋白質、脂質が挙げられますが、特に脂質は消化に時間がかかり、消化し始めるのには3時間以上経ってから始まりますので、油の摂り過ぎが胃もたれの原因となってしまうのです。

また加齢によっても、消化酵素の分泌が活発に行われないくなるので、酵素ダイエットによる酵素のサポートは、体にとって非常に良いことなのがお判りいただけるでしょう。

脂肪分の体内における吸収過程

多くの方は胃袋で全ての消化が行われると思っていますが、実際胃袋では胃酸の分泌により、多くの食物の消化が行われています。

しかし、脂質だけは消化は行われてはおらず、胃袋を通り過ぎてようやく消化が始まるのです。

十二指腸で脂肪を分解するのには、すい臓によるリパーゼという消化酵素が使われます。胆汁によって、エマルションという乳化過程を経ることで、脂肪が分解し易くなり酵素によって分解され脂肪酸となり、ようやく栄養として吸収過程に入ります。

酵素ダイエットによる、酵素の補助は消化を助けるだけではなく、消化不良も起きにくくなることがわかっています。


酵素ダイエットとウォーキングの相乗効果

酵素ダイエットとウォーキングの相乗効果

ダイエットを行う際には、酵素ダイエットを伴って行うことで、体に負担の無い痩身効果が期待できるというものです。しかし、運動を伴わないダイエットは、効果が少なくリバウンドによって、さらに太ってしまうという恐れの強いものなのです。

カロリーのほとんどは、運動エネルギーによって費やされるものですが、日頃運動しない人にとっては、筋肉量そのものが少ない為に、その消費エネルギーの量が少ない為に、効率が良くないので思ったような効果があげられない原因となっています。

しかし、急激な運動は体に負担をかけることもあり、長続きもしませんのでますがウォーキングから始めてみると良いでしょう。

ダイエット運動はウォーキングから始めよう

ダイエットはカロリー制限を重く置くだけではなく、適切な運動を取り入れることで、理想的な体形を取り戻すことができます。

酵素ダイエットの利点は、酵素の力によって新陳代謝も活発にサポートする役目がある為ですが、かといって始めから強い運動を行うことはおすすめできません。

特に日頃の運動不足を解消する為には、ゆっくり筋力をつけていくことが大切で、その点ウォーキングは初心者にもうってつけの運動方法と言えるでしょう。

ウォーキングのコツは、自分の肩幅より大きめの歩様で歩くことで、足が大きく振られ腿の付け根にある股関節や、ひざの関節に足首の関節などの腱も効果的に伸ばすことができます。

効果的なウォーキングペースが大事

酵素ダイエットを行いながらウォーキングすると、新陳代謝が良くなるためにより効果的なエネルギーを消費することが期待できます。運動不足な方がまず歩くのを進められるのは、この運動が体に無理のない運動であるからなのです。

ウオーキングは歩幅をゆったりと、背筋を自然に伸ばしながら、胸を張りゆったりと腕を交互に振りましょう。腕を振ることは大切で、ウォーキングのリズムをつかむことで、自分だけのペースを作り出すことができます。

ウォーキングと速歩

ダイエットに際して、酵素ダイエットとの併用で、より効果的にシェイプアップが可能になりますが、 ウォーキングはエネルギーを消費する方法として、無理なく行える運動方法です。

しかし、長く続けていくうちに、体の筋肉も慣れてくる為に思ったような効果が現れにくくなりますが、そうした場合にはジョギングを適度に入れることで、筋肉の使い方が変わってきますので、さらにエネルギーを効果的に消費することができるようになります。

ジョギング方法のコツは、疲れない走り方が重要で少し鼓動が早いくらいのペースを保つことが大切ですので、まずは速歩からゆっくり始めてみましょう。


酵素ダイエットで気軽な一日断食の実体験

酵素ダイエットで気軽な一日断食の実体験

酵素ダイエットにおいて重要なことは、酵素の特色を理解しておくことが必要と言えます。何にせよこの世に万能なものは存在しませんので、一日断食を行うことでテスターとして、その可能性を実体験することが可能というわけです。

酵素はこの世界のあらゆる場所に存在するもので、洗濯による黄ばみを取り去るのにも、この酵素を利用した方法の一つです。

もちろん、人間の体内にも多くの酵素が関係しており、食べ物を消化して排泄するシステムやお肌の再生能力には、この酵素が深くかかわりあっているのです。

体内の消化酵素の働き

人間の体内にある酵素とは、口から摂り込まれる食物を消化して栄養吸収する為の消化器官があり、ここでは消化器官に入った食物を分解させるための消化酵素があり、これらのほとんどは人間の体内で作られているものです。

人は単に食物を食べるだけでは栄養を吸収できず、消化によって吸収できる形にすることで、栄養を補えているのです。そして消化酵素は、酵素の力を利用して食物を吸収し易く細分化させる役割を持ち、消化しやすい形に分解してくれる役割を持つわけです。

酵素ダイエットなどで利用する酵素は、こうした消化酵素を補助する役割があり、一日断食などを行うのに酵素不足を補う意味でも利用できるのです。

新陳代謝を行う為の体内酵素

人間の消化器官には消化酵素があり、この酵素のお陰で栄養吸収しやすい形に食べ物が分解され、これを吸収することでエネルギーとして変換できるわけです。

そして代謝酵素は、これらの栄養を基にさまざまな形で体内に利用され、運動や呼吸に脳内での思考力を司るだけではなく、老廃物の排出や抗ウィルスや抗菌、肌の新陳代謝など人間の生命活動に深く関わっているのです。

一日断食などを行う際には、食べ物を摂取しませんので、体内の酵素が使われるだけで、目減りしてしまい体に不具合が生じてしまうことも考えられ、酵素ダイエットにより酵素を補充することで安全な健康維持に役立てるのです。

本格的な断食の前に行う一日断食

本格的な断食は、行ったことのない方には過酷な試練と言えるでしょう。毎日3食食事をとっている方には特に、日常の快活習慣が根本的に変わりますので、お試しとしての一日断食はおすすめの方法と言えるでしょう。

このときの補助として行うのが、酵素ダイエットとの組み合わせで、酵素は食物ではありませんので、断食による消化器官の働きを活発にすることは無いのです。

断食を行う際にも体内の酵素は使われ続けていますので、水分だけを取り続けていると、酵素不足に陥り易いために、肌がかさついてきたりハリが無くなってきたりすることもあり、酵素を補うことでこうしたトラブルを未然に防ぐことができます。


酵素ダイエットを行う場合いつ飲むものなのか

酵素ダイエットを行う場合いつ飲むものなのか

私たちが病院などにかかって処方されるお薬などには、必ず服用するタイミングが記されています。

これは薬によって作用効果の高いタイミングがあり、この時間帯意外に服用すると効果が薄かったり、強く作用したりすることにも繋がり弊害となってしまうための措置と言えるでしょう。

特に薬の服用は食事を行う時間帯を目安に行われており、食前・食後・食中と定められています。

酵素ダイエットを行う際には、いつ飲むのかは定められていませんが、これは薬事法に定められている薬品では無い為に、記載することができないので書かれません。

しかし、効果の高いタイミングはあり、それは食事の前が大原則と覚えておくと良いでしょう。

酵素を飲むとき食前が良い理由はこれ

酵素ダイエットを行う際にいつ飲むのが良いのか、それは食前ですが食前に摂取する大きな理由には、食事前には胃袋もほとんどからの状態である為に、酵素の消化吸収が迅速に行われる為です。

つまり空腹の状態で酵素ドリンクやサプリメントを摂取すると、酵素の成分の吸収が早まるだけでなく、その後の食事による消化吸収もその相乗効果によって高まるという仕組みがあるわけです。

したがって、酵素ドリンクなどでダイエットや健康面の改善を行う際には、食事の前の摂取が非常に効果が高く、実際に40分ほど前に摂取しておくのが効果的とされているのです。

体調による酵素を飲むタイミング

基本的に酵素ダイエットなどの効果の高さは、食事の前に行うのが良いとされていますが、実は自分の体調の変化でいつ飲むのかを変える場合もあります。

酵素は消化吸収を助けるだけではなく、代謝作用にも深くかかわっていますので、この新陳代謝を補う方法としても、酵素が重要な役割を果たしてくれるのです。

夕食後の2時間ほどは、成長ホルモンやお肌の調子を整える作用が強まるということもあり、こうしたことを重点に置く方は食後に摂取することで、より効果が期待できる上に胃腸が丈夫でない方は、食前よりも食後の方が負担が軽く済む場合もあります。

酵素を飲むタイミングのそれぞれのメリット

酵素ダイエットを行う際には、いつ飲むのかによってもその効果や作用が著しく違い、作用する方向性も定まって来るというものです。

まず朝食に摂取する場合は、通勤や通学に家事など体を動かす活動が多いので、代謝を活発にする酵素の効果が有効に作用し、酵素を夕食に摂取するうえでの効果は、消化吸収に大いに役立ちますので、効率の良いエネルギー摂取ができるというわけです。

また、運動間に摂取しておくと、代謝酵素の働きをサポートしてくれますので、より効率の良いエネルギー消費と体内作用とを、うまく連動させることも可能でデトックス効果も上手く働いてくれることでしょう。


2 / 91123...102030...最後 »