酵素ダイエットを取り入れた断食法

酵素ダイエットを取り入れた断食法

断食に似ている方法には絶食がありますが、断食は食を断つという意味で、全ての食事を断つという意味と、日本人が喪に服すときに生ものを断つというのも、この絶食にあたり宗教上の目的で行います。

かたや絶食とは、医学的な目的で行った場合に限り行う方法で、病気によって一定の食品に制限がかけられる場合と、健康を理由に一定の期間絶食することで、健康を取り戻そうとするものです。

体外に毒素を出す為と行われるのもこの絶食で、手術後や検査前に行われるのもこの絶食と呼ばれる行為になります。

この両者の違いは、昭和43年の絶食研究会において定められた概念で、酵素ダイエットを組み合わせることも可能です。

ラマダンに見る断食法

イスラム教において断食法はラマダーンと呼ばれる一つの儀式になっています。

ラマダーンは非常に功徳があるとされており、この時期になされる祈願は必ず聞き入れられるとされており、イスラム教ではラマダーンの月の日の出から日没までの間、全ての食が禁止されるほか水を飲むことや喫煙、生殖行動も禁止されます。

また、単に食べ物と飲み物を断つだけではなく、嘘をついたり人を騙したりする行いや下品な話、また口論や喧嘩に淫らな思考も禁じられた行いをし、寄付などの良い行いをします。

日没後には仲間や家族揃っての食事を楽しむことが多いようですので、日の出前に酵素ダイエットを施しておくと体力を落とさずに済みます。

四旬節による断食法

四旬節とは、カトリック教会などの西方教会において、復活祭の46日前のことですが教派によって、大斎節や受難節とも呼ぶことがあるようです。

福音書の記述によると、イエスは公生活の前に40日間荒野で断食したとされ、これがもとになっているわけです。

しかし、実際には同じキリスト教であっても、教派によってその風習は大きな相違があり、ギリシャ正教などでは年に4回行われており、暦のうえで重要な位置付けにあるとされています。

この期間には動物や魚は食べず、オリーブ油を始めとする全ての油は禁じられ、ワインや蒸留酒も飲むことはできませんが、酵素ダイエットなどは問題無く行えます。

ファスティングによる効果的な酵素ダイエット

ファスティングとは、断食を表す言葉の一つで、健康的なファスティングは、体の毒素を体外へと排出させるために行う健康法の一つなのです。

同じく毒素を体外へと出す意味に、デトックスがありますが、ファスティングもこのデトックスを行う手段の一つと見なされているのです。

このファスティングを行う際に、酵素ダイエットを組み合わせることで、安全性の高いダイエットに取り組むことができ、当然何も食べないのでリバウンドの心配や、肌がカサつくなどのトラブルの可能性を回避することができます。

つまり酵素ドリンクを飲むことによって、体の負担が抑えられますので、食事による体内環境は抑えながらも、潜在酵素の温存や補充によって、毒素を無理なく排出させる効果が期待できるというわけです。


授乳中にも影響を与えない効果的な酵素ダイエット

授乳中にも影響を与えない効果的な酵素ダイエット

妊娠は女性だけに与えられた特技で、女性の幸せの最たるものと言えるでしょう。

特に命を育むという出来事は、何もない有無の世界から命を呼び覚ますかのような出来事でもあり、非常に神秘的でもあります。

異性である男性には、その理解度がいまいち掴めないものですが、やはり自分の分身とも言える未来の生命に対して、思わぬ影響を示すことも大いに往々にしてあり、仕事の意欲が起こり父親としての信念や自覚も、この妊娠期間中に芽生えてくるものです。

栄養過多には注意が必要で、酵素ダイエットを行いながら太り過ぎないことも大事です。

妊娠中と出産後の対応法

妊娠中も安定期を過ぎる頃になると、ひどいつわりも無くなり安心してご飯が食べられるようになる方も多く、周囲も赤ちゃんの栄養になるからと、栄養価の高いものを沢山食べることにあるでしょう。

しかし、体内で育つ赤ちゃんには一定の決まった栄養しか与えられず、沢山食べたからと言って大きく育つわけではありません。

妊娠中の栄養素はこれまでの食生活で、あまり摂らなかった栄養素を摂ことが必要で、妊娠前にカルシウム不足や貧血などの自覚があれば、こうした栄養素を中心に取ることが、おなかの赤ちゃんには最も大切なことになるので酵素ダイエットは、栄養を常に送りながら行える方法です。

産後の酵素ダイエット

出産は胎盤込みの重量でも、5㎏程度で以外に体重が落ちることはありません。体重が妊娠前よりも肥えている方は、原因としてむくみや便秘、そして栄養の取り過ぎが主な原因として挙げられるでしょう。

妊娠後のダイエットは、授乳中である為に無理なダイエットは禁物で、特に母乳で育った赤ちゃんは、虫歯や感染症や胃腸の病気にかかりにくいとされ、将来肥満にもなりにくいという結果も出ています。

母乳には多くの酵素が含まれ、赤ちゃんはこの酵素を貰うことで免疫力を得ていますので、酵素ダイエットを行いながらこの酵素を摂って行くことは非常に有用性があり、効果的な方法であると言えるでしょう。

授乳中ダイエットの注意点

母親が酵素を沢山摂ることで、本人の美容や身体などの健康面だけでなく、授乳中の赤ちゃんの為に大変重要なことと言えます。

しかし、残念ながら食品から取れる酵素は、さほど種類が多くはなく酵素を多く取り入れるには、酵素入りの健康補助食品も視野に入れておく必要があるでしょう。

また食事のバランスが最も需要で、酵素ダイエットを行う場合には、同時に多品目低量での食生活を心がけます。

また授乳中に多いのは、この時期に化学薬品や化学調味料などの取り過ぎで起こるトラブルで、授乳中の赤ちゃんには大勢の無い危険物も多く存在しますので、ラベルの表示はよく読むことと、効いたことも無い添加物はその安全性を確かめなければなりません。


善玉菌を増やす方法

Print

腸内健康が大切なことは言わずもがなですが、便秘に苦しむことや、突然の下痢は本当に困りますよね。

整腸することで改善できるわけですが、よく耳にする「善玉菌」が腸内健康に大きく関係しています。この善玉菌が増えれば苦しい思いをすることもなく、更に、美容にもよい影響を与えてくれます。

善玉菌を含む食品や栄養源となる食材をとる

善玉菌を含む食品や栄養源となる食材をとる

食生活の改善を行うことで善玉菌を増やすことが理想的です。

現代では欧米式の食事等、多種多様な食生活になってきたことで腸内環境が乱れがちです。

善玉菌とは、乳酸菌やビフィズス菌のことを含みますので、これらを多く含む食品を毎日の食事に取り入れれば良いのです。例えば、動物性の乳酸菌のヨーグルトやチーズ、植物性の乳酸菌の漬物、キムチ、味噌などが挙げられます。

善玉菌をサプリメントで直接摂取する

善玉菌をサプリメントで直接摂取する

善玉菌を増やす食品について前述しましたが、これらの食品を毎日食べ続けることは意外と困難です。1、2回ならば簡単ですが、習慣化している食生活を変えることは容易ではありませんよね。

また、継続性がないと腸内環境が悪い状態に戻ってしまいます。

そこで、効率的に善玉菌を直接摂取できるサプリメントがお勧めです。栄養素が凝縮されたサプリメントは、通常の食事で摂れる善玉菌の何百倍以上の数を手軽に摂取できるので体内の善玉菌を簡単に増やすことが可能です。

食生活を改善しながら、同時にサプリメントを補助的に摂ると良いでしょう。

健康的な生活習慣を身につける

腸内環境を改善するためには、日常生活の健康的な習慣をつけることも大切です。適度な運動や適切な睡眠、そして規則正しい生活を心がけましょう。

また、過度なストレスも腸内環境を悪くする原因です。現代はストレス社会ともいわれ、ストレスを感じないようにすることは難しいですが、音楽を聴くことやアロマセラピーなど、自分にあったストレス解消法を見つけておくことをお勧めします。

運動して汗を流すこともストレスの軽減にも繋がる為、積極的に体を動かすようにしてください。


乳酸菌を増やすメリット

乳酸菌を増やすメリット

「乳酸菌は身体にいい」と、いうことは情報番組や通販のCMなどメディアで多く取り上げられておりますので、広く知られているかと思います。体内の乳酸菌を増やすことで様々なメリットがあります。

ここでは、その様々なメリットの中から「便秘の解消」や、免疫バランスの改善による「アレルギー症状の緩和」、太りやすい体質から痩せやすい体質へ変わることによる「ダイエット効果」の3つのメリットについて詳しく解説していきます。

乳酸菌で便秘を解消!

便秘に悩む方はとても多いかと思います。歳をとるにつれて悪玉菌が増えることが分かっているので、高齢になるにつれて便秘になりやすい傾向があります。

腸内の悪玉菌が多いと、有害物質が発生して毎日の排便が行われなかったり、お腹の張りに悩まされたりします。この悩みを解消してくれるのが乳酸菌です。

乳酸菌を増やすことで腸内環境が改善され、スムーズな排便が行われるようになります。このことはマウスの実験でも証明されており、乳酸菌を多く含むことで知られているヨーグルトを与えたマウスは、食中毒の原因といわれている「サルモネラ菌」を与えても死亡率が低かったという結果が出ています。

免疫バランスを整えてアレルギー症状を緩和する

乳酸菌は免疫のバランスを整えてくれます。免疫システムが強すぎると花粉症に悩まされたり、逆に弱すぎると病気になりやすくなったりします。免疫のバランスというのは非常に重要なものです。

花粉症などのアレルギー症状は、免疫システムの異常から起こります。本来、花粉は体にとって害のないものですので、体外へ排出する必要はないのですが、免疫のバランスが悪いと誤って判断され、くしゃみや鼻水などが過剰に出ることになるのです。

そのため、体内の乳酸菌を増やして免疫バランスを整えることで、アレルギー症状が緩和されるというわけです。

太りやすい体質から痩せやすい体質に

乳酸菌が腸内で増えることによってダイエット効果も期待できます。乳酸菌が少なく悪玉菌が多い状態では代謝が悪い状態、つまり、太りやすい体質になっているのです。

たいしてカロリーを摂取しているわけでもないのに太る、と悩んでいる方は腸内環境を見直し、乳酸菌を積極的に摂取しましょう。乳酸菌が増えて代謝がいい状態になると、脂肪の燃焼が活発化します。

 


糖尿病患者はグルコサミンに注意

糖尿病患者はグルコサミンに注意

身体にいいと言われているグルコサミンですが、糖尿病患者や予備軍の方は相性が良くない場合があるので注意が必要です。糖尿病の患者がグルコサミンを摂取し続けると、インスリンが効きにくい状態になったという結果が出ています。

グルコサミンはブドウ糖の構造が一部アミノ基に置き換わった糖質です。ブドウ糖そのものではなくなるため、摂取して血糖値にそのまま影響を与えるわけではありません。

しかし、高血糖になる可能性もある為、糖尿病の人は必ず医師に相談したうえで、血糖値の変化を見ながら使用するようにしてください。

グルコサミン摂取で血糖値が上がることはない

以前は、糖尿病患者がグルコサミンを摂取することで血糖値が上がると言われていたこともありましたが、基本的にはグルコサミンのサプリメントを飲んでも血糖に影響を与えることはないと判っています。

1日あたり1,500mgのグルコサミンのサプリを飲んでも糖尿病の血糖に影響を与えることはないだろう、と結論づけた論文もあります。このように、適切な飲用を行っていれば、経口摂取で安全性が確認されています。

インスリンの抵抗性を高めてしまう

インスリンの抵抗性を高めてしまう

血糖の量を体内でコントロールしてくれる「インスリン」というホルモンの作用が弱くなってしまう糖尿病患者にとって、インスリン治療は欠かせないものです。

ところが、グルコサミンがそのインスリンの効果を効きづらい状態にしてしまうという説があります。どういう状態か説明すると、分泌されたインスリンが正常に糖へ変換されない状態ということです。

グルコサミンがインスリンの抵抗性を高めてしまうといった内容の論文が複数存在するので、グルコサミン摂取を考えている場合は医師に確認するようにしましょう。

血糖コントロールの悪い人は要注意

「グルコサミンが血糖に影響を与えることはない」と前述しましたが、「血糖コントロールができる人の場合」という前提条件がつくと、国際的な医学雑誌であるJAMAは結論づけています。

血糖値が非常に高い「糖毒状態」ではインスリン分泌も減り、インスリンの作用も低下します。グルコサミンがそれに影響している可能性があると考えられています。