コラーゲンを食材から摂取する意義

コラーゲンを食材から摂取する意義

年齢を重ねていくにしたがって、女性にとっての大敵、しわやたるみ、しみやくすみなど多くのエイジングサインに悩まされる方も多いことでしょう。

「すぐにコラーゲンを摂らなくちゃ」と思いながらも、本当にコラーゲンを経口摂取することができるのか、どんな食材にコラーゲンが多く含まれているのか、効果的な摂取方法とはどんなものかということについてあまり知識がない方もおられるのではないでしょうか。また、毎日の食事だけで必要なコラーゲンを摂取することができるのかについても疑問があります。

経口摂取の意味

これまで、体内でアミノ酸やペプチドに分解されるタンパク質と同様に、コラーゲンを食材から摂取しても、コラーゲンに再合成されてそのまま肌に届くことはないといわれていました。

しかし、近年では、科学の進歩とともに、コラーゲンの分子量を極限まで小型化した低分子コラーゲンも登場し、効果的な消化・吸収により、肌のきめの細かさや弾力、保湿性の向上にこれまでにない効果が期待できるという実験データも示されるようになってきました。ナノ分子レベルでの研究はこれからも継続されることから、今後も注目すべきものといえるでしょう。

しかしながら、食品に含まれるコラーゲンの量には限界があり、毎日の食事だけで補えるものであるとは言い切れないのも事実です。

コラーゲンを多く含む食材

コラーゲンを多く含む食材

コラーゲンとは、料理が冷めたときにゼラチン状の煮こごりがつくられるようなプルプルとした食材に多く含まれています。有名なセレブや女優がこぞって食べるフカヒレがその代表的なものといえるでしょう。

たしかに、フカヒレは、100g中1g近いコラーゲンが含まれており、食材のなかでもトップです。しかし、気軽に食べられる食材とはいえません。コラーゲンは、主に肉や内臓などの動物性たんぱく質に多く含まれているといわれていて、身近に手に入る食材としては、鶏の手羽先や軟骨、牛すじやスペアリブ、サケやうなぎなどの皮の分厚い魚などにも豊富に含まれています。

しかしながら、毎日の食事がこれらのローテーションばかりというのにも難しさもあるでしょう。

コラーゲンの効果的な摂取方法

1日に摂取すべきコラーゲンの量が5,000mg~10,000mgといわれているのに対し、日本人の摂取量は2,000㎎を満たしておらず、明らかに不足している状況にあります。

毎日の食事から効率よくコラーゲンを摂取することが必要となりますが、コラーゲンと一緒に摂り入れるものによって、その効果にも差が出てきます。

ビタミンCを摂取するのはおすすめですが、高脂肪性のものや甘い物は、しわやたるみの原因となり、コラーゲンの働きを抑制するため避けた方がいいでしょう。

必須アミノ酸であるトリプトファンなどもおすすめですが、食材から摂取できる量には限りがあるため、コラーゲンやその他の必要成分がバランスよく配合されたサプリメントやドリンクなどを活用して効果的に摂取するといいでしょう。


コラーゲンが髪の毛に及ぼす効果

コラーゲンが髪の毛に及ぼす効果

年齢を重ねるにつれて、髪の毛にツヤやコシ、ボリュームがなくなり、ヘアスタイルが思うように決まらなかったり、やむなくウィッグをつけたりされる方もいらっしゃるようです。

肌を健やかに保つ細胞があるように、髪の毛は頭皮の毛乳頭、毛母細胞でつくられており、コラーゲンペプチドは、血流の流れにより、頭皮まで届いてこれらの細胞を活性化して、健やかな髪の毛を形成するのに大きな効果があるといわれています。実際にはどういうことなのでしょうか。

なぜコラーゲンが髪の毛にいいのか

コラーゲンは、肌の内部にあり、ハリやツヤのある肌を保つために必要であるということは肌でも頭皮でも同じことです。

頭皮にしっかりとコラーゲンが行き届いていれば、毛根を形成しているタンパク質の一種ケラチンの合成を促進し、しっかりと根を張るだけでなく、弾力性や柔軟性、保湿性も向上させることができます。薄毛の一番の原因となる、髪の毛が細くやせていくのも防ぎ、コシのある艶やかな髪の毛の育成に効果がみられるのです。

コラーゲンが加齢とともに減少し、頭皮に活力がなくなることは、老人性脱毛症をみれば一目瞭然であり、不足するコラーゲンを補うのが最良の方法です。食物から摂取できるコラーゲンには限りがあるため、サプリメントによる摂取に効果が期待できるでしょう。

男性性脱毛症にも効果がみられたコラーゲン

アメリカで実際に行われた実験で、一日当たり14グラムのコラーゲンを摂取した被験者が、約10%髪の毛が太くなったという結果が得られました。

男女を問わず行われたこの実験では、とくに育毛剤や発毛剤でも思うような結果が出なかった男性性脱毛症で禿げ上がった男性に発毛が見られたことが報告されています。

皮膚炎などのトラブルの心配もないこの方法は、薄毛で悩む女性にも朗報といえ、日本国内で販売されている比較的高価な育毛剤や発毛剤の効果に疑問をもつ方にも新たな方法として検討されるべきものではないでしょうか。

ただ、一日に必要とされるコラーゲンの量5グラムを超える量であるため、サプリメントで摂取することがおすすめといえるでしょう。

気をつけたいコラーゲンの過剰摂取

気をつけたいコラーゲンの過剰摂取

コラーゲンが髪の毛にいいといっても、大量に摂取すればいいとうものではありません。コラーゲンの急激な増加に伴い、細胞が異常を察知し、疱疹ができて飽和状態であることを知らせることもあります。

また、コラーゲンだけを多く摂取しても、分解、吸収がうまくできる環境が整っていないと、他の栄養素と同様に体の外へ排出してしまい、意味をなさないこともあります。

摂取するコラーゲンの質によっては、分解されずに体内に留まってしまい、抵抗力の低下やアレルギー反応の発現がみられるようにもなります。

サプリメントを使って、質のいいコラーゲンをビタミンやミネラルなどのコラーゲンの合成を促す成分と一緒に、適量を長い期間にわたって摂取することが、確実に効果を得る方法であるといえるでしょう。


摂取の仕方で異なるコラーゲンの効果

摂取の仕方で異なるコラーゲンの効果

 

コラーゲンは、体内の約30%を占める重要なタンパク質で、臓器の形を保ったり、細胞間の隙間を埋めて結合したりという生命維持のために必要な働きとともに、肌のしわやたるみを抑制する美肌効果や軟骨成分の補給から関節炎や骨粗鬆症の予防効果があるといわれています。

コラーゲンは、経口摂取により、タンパク質が分解されたものから再合成されますが、そのサイクルが加齢によって低下するため積極的に摂取する必要があります。

摂取の仕方には、サプリメントや注射、化粧品などがありますが、どの方法が一番効果的なのでしょうか。

 化粧品による摂取

化粧品に含まれるコラーゲンの原料には、大きく分けて動物性と海洋性の2種類があります。

コラーゲンはそもそも動物に存在するタンパク質の1種であるため、植物性コラーゲンは存在しないのです。

動物性コラーゲンは、安価であるものの、動物特有の匂い、純度の低さ、分子量の大きさから浸透しにくいという点があります。

海洋性コラーゲンは、魚の皮やうろこ、骨などから抽出されたものであり、アミノ酸に分解されやすいという特徴をもっていますが、匂いがきつく高価であるという点もみられます。

いずれにせよ、外から肌に浸透するには分子量が大き過ぎて、思ったような効果が得られないことも多いようです。

注射による摂取

肌のコラーゲンは、ハリやツヤ、潤いを保つうえで大切なものとなりますが、加齢とともに体内でのコラーゲンを合成する機能が低下してしまい、さまざまなエイジングサインに悩まされることとなります。

それだったら、てっとり早く注射でダイレクトに肌のなかにコラーゲンを補給してやればいいのではないかという考えが浮かびます。

しかし、残念ながら、現段階のコラーゲン注射では、肌の弾力や新陳代謝の回復にまで効果が期待できるようなものはありません。

また、豚や牛などといった動物由来のコラーゲンの注射には、事前に皮下テストをしないとアレルギー反応などの副作用を起こしてしまう可能性があり、大丈夫であったとしても短い期間ごとの定期的な注入が必要となります。

サプリメントによる摂取

毎日補う必要があるコラーゲンには積極的に食物から摂り入れる方法があります。

コラーゲンを摂取することにより、体内におけるコラーゲンの合成が促されるという点とコラーゲンを合成するために必要となるアミノ酸が増えることから、その効果が期待されているのです。

フカヒレをはじめとするコラーゲンが含まれる食材から摂取するという方法が最も手軽なものといえるでしょう。

しかし、ひとつひとつの食材に含有されているコラーゲンは微量であり、毎日、分解、排出されている量を補うには無理があります。

分子を小型化したうえでコラーゲンの合成を促すさまざまな成分を効率よく配合したサプリメントをカプセルなどで手軽に摂取する方法が一番おすすめといえるでしょう。

 


高濃度プラセンタ化粧品の効果とは

高濃度プラセンタ化粧品の効果とは

今は様々な有効成分が含まれた化粧品がたくさん出回っています。中でも高い効果を期待することができるもののひとつとして、プラセンタが人気となっています。

プラセンタが配合された化粧品も色々ありますが、高濃度のプラセンタが配合されている化粧品が、特に高い効果を期待できるとして美容家などから注目を浴びています。

高濃度のプラセンタであると、通常のプラセンタ配合の化粧品と比べつと、どのような違いがあるのでしょうか。高濃度プラセンタ化粧品についてご紹介します。

高濃度プラセンタのメリット

高濃度プラセンタの中でも、濃度100%と呼ばれるものというのは、水などの他の成分で薄めたりすることなく、抽出されたエキスそのものを美容液にしたものを指します。プラセンタは、お肌に良いとされているアミノ酸や酵素、ビタミン、ミネラル、成長因子などが含まれています。

高濃度のものというのは、これらの有効成分をなるべく壊さないような状態にしているということなので、高い効果を期待することができます。高濃度プラセンタは、シミやシワなどお肌の気になるところに使うことで、効きを実感しやすくなっています。

濃度と効果は本当に比例するのか

高濃度のプラセンタと謳っている化粧品ならば、どれでも効果的なのかというと、そういうわけではありません。「高濃度」という表示以外にもチェックすべき項目があります。それが、原料である粉末、つまり原末がどれくらい製品に含まれているのかということです。

高濃度である原液のうち、どれくらいの原末が含有されているかということによって、本当に100%プラセンタなのかということが変わってきます。高濃度という表記だけにとらわれず、プラセンタの抽出方法や原末のプラセンタの純度の高さなどにも注目をしていく必要があるのです。

正しい高濃度プラセンタ化粧品の選び方

高濃度プラセンタ化粧品は、巷でもたくさん出回っています。高濃度とされているものなら、どれを選んでも良いというわけではありません。どういったものを選べばいいのかという基準として、成分表の表記をチェックしたり、製造工程をチェックしたりすることが重要です。

100%原液としていながらも、この記載には厳密なルールがあるわけではありませんので、薄められたりしている可能性もゼロではありません。クチコミなどをチェックして、信頼できるメーカーを利用することも重要です。

また、化粧品で肌トラブルが起こりやすいという方は、高濃度プラセンタのサプリメントを利用することで、同様もしくはそれ以上の効果を期待することもできます。身体の中から綺麗を目指すことができるので、より効率よく美肌になることができます。


プラセンタ化粧品の賢い選び方

プラセンタ化粧品の賢い選び方

美肌に効果的であるとされている美容成分は、非常にたくさんあります。どんどん新しい成分が登場し、これまでに無かった美容成分が出てくることもあり、美容情報はどんどん更新されていきます。美容成分の中でも高い美肌効果があるとして人気があるのがプラセンタです。

プラセンタ化粧品は人気が高く、様々なメーカーが販売しています。そんなプラセンタ化粧品ですが、具体的にはどのような効果があるのでしょうか。そして、たくさんあるプラセンタ化粧品の中から、どのようなものを選んでいけば良いのでしょうか。プラセンタ化粧品についてご紹介します。

プラセンタ化粧品の美肌効果

サプリメントや注射などでも話題になっているプラセンタですが、化粧品として肌につけることで、一体どのような効果を得ることができるのでしょうか。プラセンタに含まれている有効成分として、成長因子があります。

これが加齢とともに気になるシミやシワを改善してくれたり、肌のターンオーバー機能を促進させて、透明感のある肌を目指すことができるようになったりするのです。プラセンタは、肌の角質層にまでよく浸透してくれるようになっていますので、肌の表面だけに留まらず、高い効果を期待できます。

また、アミノ酸が豊富に含まれているということから、肌が元々持っている保湿機能を活性化させてくれたり、ニキビ跡を改善させてくれたりといった効果もあります。

プラセンタ化粧品の種類

プラセンタ化粧品といっても、色々なものがあります。最も多いのが、化粧水や美容液などにプラセンタが配合されているというものです。手軽に入手することができるだけでなく、その他の美容成分との相乗効果も期待することができます。

ただ、他の成分が含まれているほどプラセンタの濃度は低くなるので、プラセンタ自体の効果は感じにくくなってきます。高い効果が期待できるものとしては、プラセンタの原液があります。濃度が非常に高いため、化粧水配合のものなどと比べると即効性や高い効果を感じやすくなっています。

ただ、濃度の高さから、痒みなどの肌トラブルの心配も起こりやすいので、最初は化粧水などで薄めて少しずつ濃度を濃くしていくようにすることをおすすめします。

プラセンタ化粧品の選び方

たくさんあるプラセンタ化粧品の中から、どのように商品を選べばいいのか、選び方のポイントをご紹介します。プラセンタ化粧品に使われているプラセンタは、動物性のものか植物性のものかのどちらかが使用されています。

動物性のものは、馬や豚が多いのですが、中でも馬のプラセンタは安全性が高く、更に含まれている有効成分量も高いということでおすすめです。植物性のものは、動物性のものには含まれている成長因子が含まれていないのですが、安全性が高いため敏感肌の方などは特に安心して使うことができると言えます。

それぞれにメリットがありますので、自分の肌状態や、使い続けるためのコストパフォーマンスなどを考えて選択するようにすると良いでしょう。化粧品ももちろん良いのですが、身体の中から美を目指したいのであれば、サプリメントなどの摂取も非常に効果的なので、検討してみましょう。