プラセンタが更年期障害に効く

プラセンタが更年期障害に効く

美容外科や美容皮膚科などで、美容目的で摂取されることが多いプラセンタ。そんなプラセンタですが、医療機関などで治療のためにも使われているのです。中でも効果が高いとされているのが、更年期障害の症状緩和です。

辛い更年期障害の症状を緩和するためにプラセンタが効果的であるということで、婦人科などでプラセンタを処方されることもあります。そんなプラセンタと更年期障害の関係について、詳しくご紹介していきましょう。

更年期障害が起こる理由

更年期障害というのは、閉経の前後になって卵巣の機能が衰えてしまい、女性ホルモンのエストロゲンが急激に減少することが原因であるとされています。

エストロゲンの急激な減少によってホルモンバランスが乱れてしまい、その結果、更年期障害の症状である自律神経失調症や精神神経症状などの辛い症状が引き起こされるのです。

更年期障害の症状は人によって様々であり、軽い人もいれば日常生活を送れなくなるくらい酷い症状が出ることもあります。

プラセンタが更年期障害に与える効果

更年期障害の症状緩和のために、医療機関で治療薬として処方することが認可されているのは、メルスモンと呼ばれる製剤です。このメルスモンは、ヒトの胎盤を原料としており、多くの栄養素を含んでいます。

メルスモンが投与されると、その豊富な栄養素によって血流が良くなったり、基礎代謝が良くなったり、疲労回復効果が得られたりします。そして更年期障害によって衰えていた卵巣を活性化させてくれ、ホルモンバランスの乱れを整えてくれるのです。結果、更年期障害の辛い症状を緩和してくれるのです。

どこでどのようにプラセンタ摂取をする?

更年期障害の症状緩和をするためにプラセンタを摂取したい場合、婦人科などの医療機関で摂取する方法と、自身でプラセンタサプリを摂取する方法とがあります。

医療機関での摂取方法としてはプラセンタ注射が一般的です。頻度としては、医師の判断によっても異なりますが、臨床データでは週に3回、2週連続で行うと8割近い患者さんに効果があったとされています。

ただ、プラセンタ注射はヒトの胎盤を原料としているため、感染症のリスクがゼロではないということから、献血ができなくなるというデメリットがあります。将来大切な人に何かあったとき、献血をすることができないということを考えると、安易にプラセンタ注射をすることはできません。

一方でサプリメントであれば、豚や馬、植物性のプラセンタを使用しているため、そうしたリスクを避けることができますから、更年期障害に悩んだら、まずはサプリメントの使用からはじめてみるといいかもしれませんね。


プラセンタとアトピー性皮膚炎

プラセンタとアトピー性皮膚炎

ヒトや動物などの胎盤エキスを原料として作られているプラセンタには、豊富な栄養素が含まれています。胎盤は、胎児を育てるために必要不可欠であり、胎盤には胎児を育てるのに必要な栄養素が含まれているのです。

そのため、人間以外の動物というのは、産後の体力回復の意味も込めて、出産後に胎盤を食べるとされています。そんな胎盤エキスが含まれているプラセンタは、疲労回復効果や美容効果など様々なメリットがあるということで、内科や婦人科、美容外科など様々な医療機関で利用されています。

中でも注目されているのが、プラセンタがアトピー性皮膚炎に効果を発揮するということです。どういうことなのでしょうか。

アトピー性皮膚炎の原因

そもそも、アトピー性皮膚炎とはどういったメカニズムで引き起こされるのでしょうか。アトピー性皮膚炎は、小さな子どもに特に多く起こるとされています。成長していくにつれて、その症状も治まって行くことが多いのですが、大人になってからも悩まされてるという方は少なくありません。

アトピー性皮膚炎の原因としては、遺伝など様々な要因がありますが、近年では生活環境や食生活といったものが引き金になっていることが増えてきました。

ダニやハウスダストなどのアレルゲンを避け、肌を清潔にして刺激の強いスキンケア用品を使わないようにするということも大切ですが、ストレス社会である現代では、寝不足や過労、精神的なストレス、食習慣などがアトピー性皮膚炎を悪化させたりすることもあります。

プラセンタが与える影響

プラセンタには様々な栄養素が含まれていますが、アトピー性皮膚炎に対して効果を発揮するものとしては、免疫抑制物質があります。

これは、ビタミンDやコンドロイチン硫酸といったものがあるのですが、これらが豊富にプラセンタに含まれているため、異常を起こしたリンパ球を排除してくれ、アトピー性皮膚炎を根本的に改善してくれるとされているのです。

他にも、抗炎症作用や自律神経調整作用などがあるため、痒みや皮膚炎といった辛いアトピー性皮膚炎の症状を抑えてくれます。皮膚を再生したり細胞の活性化を促す効果もありますから、健康な皮膚づくりの手助けもしてくれるのです。

プラセンタ療法で治療をする

実際、医療現場でもアトピー性皮膚炎の症状にプラセンタ療法を用いられることがあります。すべての医療機関で行われているわけではありませんので、プラセンタ療法が気になるという方は、まずはそういった医療機関を探すことから始めましょう。

注意しなければいけないこととしては、アトピー性皮膚炎が悪化して皮膚に強い症状が出てしまっているときは、プラセンタをはじめとした余計なものを身体に入れないほうが良いため、避けた方が良いということです。

かえって悪化させてしまうこともあるため、プラセンタ療法を行うときは、アトピー性皮膚炎の症状が治まっているときに行うようにしましょう。


花粉症にプラセンタが効果的?

花粉症にプラセンタが効果的?

毎年悩まれる方が多いとされている花粉症。一般的には春のスギ花粉が有名ですが、それ以外にも様々な種類の花粉に悩まされている方が多く、春だけでなく秋や夏の初めなど色々なタイミングで花粉症が発症しています。

特に最近では花粉症に悩む方が増えてきているとされており、大人だけでなく幼児など小さな子どもの花粉症患者も少なくないとされています。そんな花粉症ですが、実はプラセンタが花粉症に効果的であると言われています。美容に効果的だというイメージが強いプラセンタですが、どのように花粉症に効果を発揮していくのでしょうか。

花粉症が起こるメカニズム

そもそも花粉症というのは、どのようにして発症していくのでしょうか。花粉症というのはアレルギーの一種で、スギやヒノキなどの花粉がアレルゲンとして反応することで症状が起こります。

アレルゲンとなる花粉が目や鼻などから身体に入り、それを身体が異物だと判断すると抗体を作ります。抗体ができると、その後同じように身体にアレルゲンが侵入するたびに異物を排除しようとして、くしゃみや鼻水、涙といった症状が出るのです。

一度花粉症になると、毎年繰り返してしまうというのは、前述したようにそのアレルゲンに対する抗体ができてしまっているからなのです。また、これまで花粉症の症状が全く無かったという方でも、花粉を多く吸っていくことで抗体が作られて花粉症を発症する可能性もあります。

プラセンタが花粉症に与える効果

プラセンタには様々な栄養素が含まれているのですが、その中でも花粉症などアレルギーに効果的だとされているのが、プラセンタに含まれている成長因子です。この成長因子が細胞再生を活性化させるのですが、その結果、アレルゲンを排除しようとする異常なリンパ球を排除してくれるのです。

そのため、根本的なアレルギーの解決へと繋がるとされており、花粉症はもちろんのこと、アトピーなど他のアレルギーの治療にも効果的なのです。

また、プラセンタには免疫抑制物質が含まれており、これによってアレルギー症状発症の原因となる抗体を作らせないようにしたり、ヒスタミンの放出を抑えたりする効果が期待できます。そのため、くしゃみや鼻水といった症状の緩和も期待できます。

花粉症時のプラセンタ摂取方法

プラセンタによる花粉症の治療は、近年では耳鼻咽喉科や内科などでも行われるようになってきました。しかし、実際に効果を実感できるようになるためには時間がかかり、即効性が無いため、花粉症のシーズンの前からプラセンタ療法を行うことが重要です。

毎年花粉症に苦しんでいるという方は、花粉症シーズンの前から治療を検討してみるといいかもしれません。治療方法としては、注射や内服がありますが、市販でもサプリメントが販売されていますから、そういったものを利用することで、より手軽にプラセンタの効果を実感することができるかもしれませんね。


生理不順の治療にプラセンタ

生理不順の治療にプラセンタ

美容効果があるということで、美意識の高い方から支持を集めている成分のひとつがプラセンタです。そんなプラセンタですが、女性が悩みやすい生理不順の症状にも効果があるということで話題になっています。

元々プラセンタというのは、内科や婦人科などで病気の治療に利用されてきました。婦人科では、更年期障害の症状に効果的であるということで、多くの方がプラセンタを利用して症状緩和に成功しています。では、プラセンタは生理不順にどのように効果を発揮してくれるのでしょうか。

生理不順の原因とは

健康な状態であれば、定期的に訪れるのが生理です。一般的には25日~38日の周期で訪れると言われていますが、この周期から大きく外れ、それが何度も繰り返される状態を生理不順としています。

生理不順の原因としては、女性ホルモンの乱れが主な原因であるとされています。ストレスや体調不良といったものから、女性ホルモンが乱れてしまい、それが生理不順を引き起こします。また、痩せすぎや太り過ぎ、睡眠不足や栄養バランスの乱れといった日常生活の乱れも、女性ホルモンを乱して生理不順になります。

生理不順はちょっとしたことでも起こりやすいのですが、長引くと不妊などの原因にもなりかねません。また、その他の病気が隠れていることもありますから、生理不順が続いたら自己判断せずに、まずは婦人科で相談することをおすすめします。

生理不順にプラセンタが良い理由

生理不順にプラセンタが良いとされている理由は、プラセンタが女性ホルモンを整える効果が期待できるからです。プラセンタには、人間が生きていく上で重要であるタンパク質や脂質、糖質、アミノ酸などが含まれている他、身体の調子と整えるビタミン、ミネラル、酵素など様々な栄養成分が豊富に含まれています。

プラセンタを摂取することで、卵巣の機能を活性化させたり、豊富な栄養素が自律神経を整えてホルモンバランスを安定させたりするため、生理不順を解決してくれるのです。

生理不順時のプラセンタ摂取方法

生理不順の治療方法は色々ありますが、婦人科で行われるプラセンタ療法は、サプリメントや注射、塗布といった方法で行われることが多いです。医師の指示に従って量や回数などを気をつければ問題ありませんが、いずれも継続して摂取することが大切となります。

このプラセンタ療法を行うことで、生理不順だけでなく生理前の不快な症状の緩和などにも効果が期待できます。プラセンタ療法は興味あるけれど、医者にかかるのは…という場合は、市販されているサプリメントを利用することで、手軽にプラセンタの効能を取り入れることができますから、まずはこちらから始めてみるといいかもしれませんね。


美容に良いプラセンタ

美容に良いプラセンタ

美容に関心が高い人は、「プラセンタ」という言葉を聞いたことがある方も多いかもしれません。プラセンタというのは胎盤のことで、胎児が育つために必要な豊富な栄養素が含まれているものです。

元々は婦人科や内科などでの治療に使われていたのですが、美容に対して効果があったということから、美容外科や美容皮膚科などでも取り入れられるようになってきました。そんなプラセンタですが、なぜ美容効果があるのか、そして具体的にどのような美容効果が期待できるのかをご紹介します。

プラセンタが美容に良い理由

プラセンタが胎盤であるということはご紹介しました。胎盤というのは、胎児を育てて成長させていく上で必要不可欠なものです。臓器を作ったり細胞を活性化させたりと、様々な成長を促進させていく必要があるのですが、胎盤にはそのために必要な栄養素が豊富に含まれているのです。

そんな胎盤のエキスを原料として作られたプラセンタを摂取することで、身体に豊富な栄養素を取り入れることができます。プラセンタの栄養を摂取して健康状態が整うことで、血流が良くなったり代謝が良くなったりといった効果が期待でき、それが美肌やダイエットなどの美容効果へと繋がっていくのです。

どんな美容効果があるのか

プラセンタを摂取することで期待できる美容効果としては、まずは美肌効果が上げられます。血行が良くなったり代謝が良くなったりするので、肌のターンオーバーが促進され、美白になったりニキビなどの肌トラブルを改善することができます。

細胞の活性化もされるため、アンチエイジング効果もあり、シミやシワといった悩みにも効果を発揮します。その他にも、血行や代謝が良くなるということからダイエット効果も期待できます。

年々痩せにくくなってきているという方は、やはり代謝が悪くなってきているということが原因のひとつなのですが、プラセンタを摂取することでそれも改善することができるとされているのです。

美容に適した摂取方法

プラセンタを摂取する方法は色々あります。美容外科や美容皮膚科などでは、プラセンタ注射という言葉を聞いたことがあるという方もいるかもしれません。プラセンタ注射は、プラセンタを摂取する上では効果的な摂取方法のひとつです。

しかし、継続的に摂取をしなければいけないということや、一度プラセンタ注射をすると献血などをすることができなくなってしまうといったリスクを考えると、安易に手を出すことは避けた方が良いかもしれません。

おすすめな方法としては、プラセンタサプリを摂取するという方法が挙げられます。豚や馬、植物のプラセンタを原料としていて安全であるということや、手軽に利用できるサプリメントであるために継続しやすく、それによってより高い美容効果が期待することができるからです。

他にもプラセンタが配合された化粧品などもありますので、そういったものを利用するのも良いですね。