空腹時こそ活躍する酵素ダイエットnew

空腹時こそ活躍する酵素ダイエット

空腹感は最大の調味料と言いますが、ダイエットに際してはこの空腹感は、かなりのマイナスとなることは間違いなく、お腹がすくことは非常につらいことでもあります。

空腹感は摂食中枢における一つのシグナルで、物覚えが付くまでには、動物の摂食行動として体に刻まれていますので、空腹は摂食の行動をあおるものです。

しかし、酵素ダイエットにおいては、この空腹時こそが効果的な摂取のチャンスであり、理想的なダイエットを行ううえで手助けとなってくれるでしょう。

空腹のメカニズムを理解しよう

空腹時にお腹が鳴って、恥ずかしい思いをしたことは誰しも経験のあることでしょう。しかし、食事をしばらく行わなくてもお腹が鳴るどころか、空腹感も起こらないといった経験もあるのではないでしょうか。

空腹感が起こっているときは、血糖値が低下し、すい臓からグルカゴン分泌され血液を通じて全身の皮下脂肪に到達すると、皮下脂肪から遊離脂肪酸というエネルギーを作り出そうとします。

遊離脂肪酸が増えてくると、摂食中枢にシグナルが送られてくる為に、エネルギー補給を促す為にお腹が減ったと感じるわけです。酵素ダイエットを行う際に、この空腹時を生かした健康法もあります。

お腹がすき過ぎると空腹感が無くなる訳

空腹時には、摂食中枢が刺激され、胃腸のぜん動が行われることでお腹が鳴るわけです。しかし、空腹を我慢し続けていると、副腎皮質からホルモンが分泌され、アドレナリンやノルアドレナリなどの作用で、肝臓のグリコゲン分解酵素に直接働きかけるという現象が起こります。

この影響で肝臓では、蓄えていた栄養を放出する為に、血中ブドウ糖濃度が上昇しますので、食物を取らなくても空腹感が起こらなくなるという結果に繋がります。

酵素ダイエットでは、この空腹時に酵素を摂取することで、優先的に酵素を吸収しますので、さまざまな利点が期待できるのです。

空腹時を生かした酵素ダイエットの利点

酵素ダイエットを行う上で効果的な方法は、食前に取ることで消化吸収を助ける作用がありますので、体にも負担が少なく効率的な栄養吸収ができるところにあります。しかし、空腹時に摂取することで優先的に消化吸収が行われますので、思わぬ効果も期待できるのです。空腹の際には、胃にも腸にも分解する食物が無い状態ですので、こうした状況で酵素サプリを摂ると、成分がそのまま血液中に吸収され易くなる状態が続きます。その為血液中にある老廃物に作用し、好ましくない成分を分解して炎症や怪我、または慢性疾患に自己免疫病やガン化、循環器系疾患にウイルス感染など、さまざまな効果を発揮することも認められています。


二日酔いの原因はアセトアルデヒドnew

二日酔いの原因はアセトアルデヒド

果たして体質の違いによる、上戸や下戸の違いがあるのでしょうか。

アルコールが毒素として肝臓で分解されることはよく知られていますが、この分解には酵素ダイエットでもおなじみの分解酵素が使われています。この分解酵素の力が強ければアルコールに強いことを示し、弱ければ二日酔いになりやすいということもわかっています。

体内に入ったアルコールは、胃と小腸上部で吸収され肝臓に運ばれると、まずアルコール脱水素分解酵素で分解され、水素とアセトアルデヒドができることで、悪酔いさせる原因となります。

お酒に弱いのは遺伝子のせい?

世の中には、お酒に強い人と弱い方がいますが、その理由として良く聞かれるのには、体質の違いにあるとよく言います。

人類には大きく分けて、白色系のコーカソイドと黒色系であるネグロイド、そして日本人は黄色人種でモンゴロイドとされていますが、この3つの人種間には酵素ダイエットでも有名な、体内に持つ酵素に大きな違いがあることがわかっています。

アルコールを分解する能力は、肝臓にあるアルデヒド脱水素酵素によっての違いがあり、分解能力に長けたALDH2を持つ遺伝子は、白色系黒色系ともに共通していますが、黄色人種にはこの遺伝子を持つ割合が40%程度しか存在しないことが、二日酔いになりやすい原因だったのです。

お酒に酔うことと二日酔いは別物

お酒を飲むことで多くの人々は血色が良くなり、弁舌になったりおおらかに騒いだりすることが多いと言えるでしょう。これは酔いという現象で、アルコールは酔うことを目的に飲酒しているとも言えます。

適度な飲酒はストレスを発散し、体内の血行を良くしてくれますので、適度な飲酒は健康にも良いことです。

かたや二日酔いは、アルコールの飲み過ぎが原因になります。飲み過ぎた翌朝の主な特徴は、頭痛や胸焼けなどの不快な症状が続き、食欲も減退してしまいます。

酔いとの違いはまさにここにあり、アセトアルデヒドの毒素のせいでこうした症状が起こってきますので、酵素ダイエットに含まれる酵素で軽減が可能なのです。

肝臓の分解作用とお酒による二日酔いの回避

酵素ダイエットにも種類はさまざまなものがあり、アルコールの分解をサポートしてくれる役割の酵素があります。

ただし二日酔いの原因とされるアセトアルデヒドは、体内臓器の肝臓による毒素分解酵素で、解毒を待つしかありません。これはある程度鍛えることで悪酔い防止になることも事実で、頻繁に飲酒する方で、シトクロムP450が増えることもあります。

ただし、手術などで麻酔を行う際に、麻酔を毒素と見なして分解してしまう為に、麻酔が効かなくなるといった弊害もあります。

したがって飲酒をする際には、悪酔いしないことを主眼に置いて飲み過ぎず、肝臓に良いとされるサプリをあらかじめ取っておくことをおすすめします。