1 / 3123

変形性膝関節症とグルコサミンやコンドロイチンの関係

変形性膝関節症とグルコサミンやコンドロイチンの関係

年齢を重ねるにつれて、立ち座りや階段の昇降などがきつくなり、徐々に強い痛みを伴うこともあります。特に、女性ホルモンの分泌と密接な関連のある50代以降の女性に多く見られる変形性膝関節症は、一度発症するともとのような生活を送ることが困難になることもあります。

そもそも変形性膝関節症とはどんなものなのでしょうか。また、関節痛の救世主といわれているグルコサミンやコンドロイチンには、変形性膝関節症の治療や緩和に効果があるのでしょうか。

変形性膝関節症とは

変形性膝関節症とは、膝の関節でクッションの役割をしている軟骨がすり減ったり、筋力が低下していくことによって、炎症が起きたり、関節が変形したりして、痛みが発生する病気です。加齢とともに軟骨がすり減っていくことから、中高年に多い病気となっており、なかでも50代以降の女性に多くみられています。

初期症状としては、朝起きた時の違和感や軽い膝の痛みであることが多く、しばらくすると痛みが治まってしまうため、病院に行くこともないと放置してしまい、徐々に悪化していってしまいます。しかし、一度発病したら若い頃の膝に戻すことはできないので、軟骨のすり減りを防止するために、グルコサミンやコンドロイチンをサプリなどで効率よく摂取することが必要となってきます。

変形性関節症に効果のあるグルコサミン

なぜ、グルコサミン変形性膝関節症や関節痛に効果があると言われているのでしょうか。グルコサミンは、骨と骨とのクッションの役割を果たす軟骨を構成する成分であり、変形性膝関節症や関節痛で傷つき、すり減った関節の軟骨を修復して関節のスムーズな動きをサポートして痛みを緩和する効果があると期待されているものです。

以前は、変形性膝関節症は、治療が困難で感知できないものとされてきましたが、最近、欧米でグルコサミンによる治療を行ったところ、素晴らしい成果が収められたことが報告されています。なかでも、硫酸グルコサミンを摂取することによって、変形性膝関節症の根本治療が可能であると発表されてことにより、コンドロイチンとともに注目されることとなりました。

変形性関節症に効果のあるコンドロイチン

コンドロイチンは、その種類も多く、タンパク質に結合して複雑な構造を成しているため、その全貌を解明するには至っていません。しかし、変形性膝関節症に対する臨床実験は実施済みで、その有効性が確認されています。スイスの実験では、2年間にわたってコンドロイチンを服用した患者とそうでな患者を比較したところ、関節軟骨の維持や長期的な身体障害の縮小がみられたという結果が得られており、それ以来、ヨーロッパの医学界では、コンドロイチンが関節症の治療薬として広く認められています。

コンドロイチンは、グルコサミンと同様にほとんど副作用がなく、軟骨のすり減りを予防する可能性がありますが、即効性はないため、良質なサプリメントで継続して摂取することが大切といえるでしょう。


グルコサミンとコンドロイチンの相乗効果

グルコサミンとコンドロイチンの相乗効果

グルコサミンには、アミノ酸の一種であり、軟骨を構成する重要な成分であるプロテオグリカンの原料です。軟骨を修復したり再生させたりするはたらきや、軟骨を強化するはたらきを持っています。一方、コンドロイチンには、ムコ多糖類の一種で、グルコサミンと同様にプロテオグリカンの原料になるほか、軟骨に水分や栄養分を与えて老廃物を排出させる効果があります。

また、両方を一緒に摂取することで単体で摂取するよりも高い効果が得られるといわれていますが、どういうことなのでしょうか。

グルコサミンの効果

グルコサミンは、アミノ糖の一種で、人の体内でブドウ糖を原料としてつくられている健康には欠かすことができない成分です。体内で生成されたグルコサミンも食材から摂取されたグルコサミンも軟骨を構成する成分、ヒアルロンさんやコンドロイチン硫酸の原料となります。

近年、グルコサミンがどのように関節や軟骨に作用するのかという研究が盛んに進められていて、そのメカニズムが解明されつつあります。研究によると、グルコサミンは、軟骨成分の原料となるだけでなく、軟骨の修復や再生を促したり、炎症を鎮めたりする働きがあることがすでに確認されており、健康な生活を維持していくうえで必要不可欠なものであることが証明されています。

コンドロイチンの効果

グルコサミンと同様に軟骨に働きかけるコンドロイチンは、そのほかあらゆるところにも効果があるといわれています。コンドロイチンは、いろいろな臓器や皮膚、爪や粘膜などに存在していて、瑞々しく保つために水分を引きよせ維持する働きをしています。皮膚や髪の毛の保湿性を高めて潤いを与える化粧品や涙の成分と近いことを利用した眼薬に添加されるなど、幅広い分野で活用されています。

カルシウムの代謝にも大きくかかわると考えられているため、若さと健康を保つ効果があると期待されています。また、コラーゲンの合成をサポートして軟骨の潤滑油としての役割を担ったり、軟骨を破壊する酵素を調整したりする役割も果たしており、健康に欠かすことができないものとなっています。

グルコサミンとコンドロイチンはあわせて摂取しよう

グルコサミンとコンドロイチンには、それぞれ軟骨のスムーズな動きを強力にサポートする働きがあることは理解されていますが、単体でグルコサミンを摂取するよりもコンドロイチンを併せて摂取する方が、相乗効果によってさらに効果が期待されるといわれています。

グルコサミンは軟骨の再生や修復を促すとともにコンドロイチンの生成もしますが、とても時間がかかります。そのため、コンドロイチンが不足がちとなって、再生された軟骨が十分な機能を果たすことが難しくなってしまう場合があるのです。このコンドロイチンの減少を抑え、グルコサミンの軟骨再生機能をサポートするためには、両方が配合されたサプリメントを効率的に摂取することが必要であるといえます。


グルコサミンとコンドロイチンの役割と摂取方法

グルコサミンとコンドロイチンの役割と摂取方法

グルコサミンとコンドロイチンはどちらも軟骨を形成する主成分をつくりだすために大きな役割をしていることがわかっています。どちらも骨と骨とが直接ぶつかってすり減ってしまわないようにクッションの役目を果たしているといわれています。

グルコサミンとコンドロイチンは、よくセットでサプリメントに配合されていることが多いようですが、それぞれの特徴や役割、また、効果的な摂取の仕方にはどのようなものがあるのでしょうか。

グルコサミンの特徴と役割

グルコサミンは、人間の皮膚や爪、靭帯や軟骨の中に存在する、アミノ酸と糖が結合したアミノ糖の一種です。コンドロイチンと同様に、軟骨を形成する主成分となるプロテオグリカンを作りだすための原料としてグルコサミンが使われています。

日常の生活を送るうえでは、あまり軟骨の存在を意識することはありませんが、関節を動かす時に骨と骨が摩擦して傷つかないようにクッションの役割をしている大切なものなのです。加齢とともに、体内でつくられるグルコサミンの量が減少していくことで、軟骨がうまく形成されなくなり、骨と骨とが直接ぶつかって関節痛などの痛みが出てくるようになってしまいます。

グルコサミンには、軟骨そのものを強化する働きとすり減っていく軟骨の修復・再生を促す役割があります。

コンドロイチンの特徴と役割

コンドロイチンは、人間の皮膚や靭帯、眼球や角膜などに含まれるムコ多糖類の一種です。軟骨を形成する主成分となるプロテオグリカンを構成する重要な原料となることは、グルコサミンと変わりません。

コンドロイチンには、軟骨の水分や弾力性を維持する働きがあり、軟骨に水分と栄養分を運び、老廃物を排出するという重要な役割があります。コンドロイチンには、カルシウムの代謝を助けて骨の成長を促したり、グルコサミンと同様に骨と骨との間のクッションの役割を果たしたりしながら、関節のスムーズな動きをサポートしています。

グルコサミンには、軟骨を強化する働きがありますが、コンドロイチンには、軟骨の破壊を抑制する働きがあります。

グルコサミンとコンドロイチンの摂取

オクラや山芋、なめこやふかひれ、すっぽんなどいわゆるネバネバ系やプルプル系の食品には、グルコサミンとコンドロイチンの両方が多く含まれています。また、グルコサミンは、鶏の手羽先や甲殻類であるカニやエビなどにも多く含まれており、練り物からも摂取することができます。コンドロイチンは、豚足やなまこ、どじょうやカレイ、マグロの目などにも多く含まれています。

グルコサミンとコンドロイチンが含まれる食品に大きな差はなく、軟骨部分を含んだ食品ととろみのある野菜を一緒に鍋で料理するなどして手軽に摂取することがわかります。ただ、ひとつひとつの食品に含まれる成分の量は少ないため、どちらの成分も効率よく摂取するには、サプリメントをうまく利用することがおすすめです。


関節痛に有効といわれるグルコサミンの効能とは

関節痛に有効といわれるグルコサミンの効能とは

グルコサミンは、すり減ってしまった軟骨を再生し、関節痛を和らげたり、階段の昇り降りなどといった運動中のスムーズな動きをサポートしてくれたりするといわれています。

加齢とともに体内で合成されるグルコサミンの量が減ることで生じる変形性関節症などの根本原因を治療するための物質の中でも、最も効能のある成分であるといわれています。

関節痛に有効であるとして大々的にテレビCMが展開されているグルコサミンですが、その具体的な効果や効能にはどんなものがあるのでしょうか。

グルコサミンとは

グルコサミンは、糖とアミノ酸が結合したアミノ糖の一種で、軟骨を構成する大切な成分です。人間の体内では、関節部分の細胞の新陳代謝に重要な役割を果たすため、体内でつくられています。

しかしながら、年齢を重ねるとともに減っていってしまい、軟骨関節がすり減って痛みを感じるようになってしまうことが多くなります。特にスポーツに長年携わっている人は、身体の特定部分に負担をかけていることが多く、加齢以外にも軟骨がすり減りやすくなる原因となっています。

グルコサミンは、軟骨の成分であるヒアルロン酸やコンドロイチン龍さんの原料となることから、定期的に摂取することで、変形性関節症や関節炎の予防や改善に効能があるとされています。

グルコサミンの効果・効能

グルコサミンは、関節に対して2つの大きな効能があるとされています。

そのひとつは、関節痛の改善です。グルコサミンには、軟骨の摩擦を抑制する作用があるため、補給することによって、関節の痛みや変形性関節症の痛み及び腫れを改善するとともに、傷ついた軟骨の修復・再生を促進する働きがあるといわれています。座位から立ち上がる際や階段の昇り降りのをするとき、膝の痛みに悩んでいらっしゃる方には救世主というべき存在でしょう。

もうひとつの効能は、軟骨の強度や柔軟性を向上させる働きです。スムーズな動きを維持したり、軟骨部分のクッションとして衝撃から守ってくれたりして、運動中のパフォーマンス性を向上させてくれます。

グルコサミンを含む食品

グルコサミンは植物性と動物性に大きく分けられ、動物性グルコサミンの方が体内への吸収率が高いといわれています。

植物性グルコサミンは、オクラや山芋、納豆やなめこなどに多く含まれており、サプリメントの多くはトウモロコシを発酵させたものが使用されています。

動物性グルコサミンは、カニやエビ、軟骨や手羽先、うなぎやフカヒレなどのほか、ちくわやかまぼこなどの練り物からも摂取することができます。

サプリメントは、甲殻類の甲羅や殻から抽出されたキトサンからできています。私たちの体に1日に必要なグルコサミンの量は、1,500㎎ほどといわれているので、グルコサミンの効能を実感したいのであれば、サプリメントから効率よく摂取することが望ましいでしょう。


プラセンタの多い食材とは何か

プラセンタの多い食材とは何か

花粉症やアトピー性皮膚炎などの病気だけでなく、美白や美容などにも高い効果が得られるプラセンタです。美肌やアンチエイジングを目的として、たくさんの量を摂取したいと願う女性は多いでしょう。

できれば毎日の食事で気軽に食べ続けたいものですが、果たしてプラセンタの多い食材とは何で、どれほどの種類の食材からプラセンタを直接摂取することができるのでしょうか。また、食材に代わって安全に経口摂取できるプラセンタはないものでしょうか。

プラセンタが含まれる食材

美しくなりたいと願う女性は多く、そのためにプラセンタを利用したいと考える方も少なくありません。美容に高い効果が期待できるプラセンタを、毎日の食事で摂れたらどんなにいいでしょう。

しかし、プラセンタは豚や馬の胎盤に含まれてはいますが、日常的に摂取できる食品には含まれておらず、食事から摂ることは難しいといえます。高い効果を期待できる成分でありながら、日常的な食事からはプラセンタを取り入れることはできないのです。

食材以外でプラセンタを摂取する方法

プラセンタの多い食材をどうにかして摂取したいと考える方もいらっしゃるでしょう。残念ながら前述の通り、豚の胎盤も牛の胎盤も、なかなか市場に出回るものではありません。また、病院で自分の胎盤を食べさせてくれるところのあるようですが、そのためには、出産をする必要があります。残念ながら、プラセンタを摂取できる食材はなかなか見当たらないようです。

プラセンタの美容効果を期待するのであれば、毎日、継続した摂取が望ましいので、そんな時に手軽にプラセンタを経口摂取できる方法がサプリメントであるといえます。プラセンタサプリは、この10年ほどで研究が盛んに行われるようになったもので、現在ではさまざまなタイプのサプリメントが登場しています。

プラセンタサプリメントの種類

プラセンタの含有量が多いサプリメントは、食材にない成分を摂取できる最強の味方といえます。形状としては、カプセルや錠剤のほか、ドリンクやゼリー、パウダータイプなどがあります。

プラセンタは胎盤エキスが原料となるので、どんな動物の胎盤エキスを使用しているかによって種類が分かれます。
良質で安全性も高いとされる馬プラセンタは、大量生産が難しいため高価です。
羊プラセンタは浸透力が高く安全性も問題ありませんが、流通量が少ないので手に入れるのは難しいかもしれません。

プラセンタのサプリメントは、それぞれの成分や価格などを考慮して、自分に合ったものを選びましょう。


1 / 3123