1 / 3123

青汁で健康的にダイエット

青汁で健康的にダイエット

青汁を利用したダイエットを聞いたことがある方も多いと思います。無理な食事制限なしで健康的に痩せることを目的にしているのが青汁ダイエットであり、注目されています。健康目的で飲む方が多い青汁ですが、豊富な栄養素が含まれていることがダイエットに好まれる要因だといえます。

ダイエットに効果的な原料が含まれている青汁も多く、痩せたい部位や悩みによって自分に合った青汁を選ぶことが必要になってきます。ここでは、青汁のダイエット効果や効果的な飲み方について紹介します。

青汁ダイエットの方法

無理な食事制限なしで健康的に痩せることを目指している青汁ダイエットですが、方法はシンプルです。一日一杯の青汁を、好きなタイミングで飲むだけです。好きなタイミングで飲むことが可能なので、続けやすいことがメリットだといえます。

基本は、三食と青汁とされていますが、朝食を取る習慣がない人や忙しい時に朝食は牛乳だけという人は、朝食を青汁に置き換えるのも良いでしょう。青汁ダイエットは毎日続けることで効果が期待できます。

今日は飲むが明日は飲まないといったことでは、痩せることは期待できないので毎日続けられるように味を変えるなど工夫するのもおすすめです。

痩せる原料を選ぶ

栄養素や食物繊維が高い青汁ですが、使用される野菜により高いダイエット効果が期待できます。ここでは、青汁原料の中でダイエットに期待できる原料を紹介します。

一つ目が明日葉です。明日葉に含まれるカルコンやカリウムが注目成分であり、体のめぐりに働きかけることによりデトックス効果が期待でき、むくみやセルライトなど下半身痩せを目指す方におすすめです。

二つ目がモリンガです。モリンガには、アミノ酸とポリフェノールが含まれています。アミノ酸には、黒酢の45倍、そしてポリフェノールには赤ワインの13倍も含まれていると言われており、体脂肪が気になる方におすすめの原料です。原料に注目することで、自分が気になる部位を痩せやすくすることが可能でしょう。

ダイエットに効果がでる青汁の飲み方

一日一回好きなタイミングで飲む青汁ダイエットですが、飲むタイミングによって効果をあげることが期待できます。ダイエットが目的の場合は食事前に飲むのがおすすめです。食前に飲むことで、満腹中枢を刺激し、食べ過ぎを防ぐことにもつながります。

桑の葉が含まれている青汁の場合は、糖の吸収をコントロールする働きもあるため、糖質が多い食事の前の青汁は効果的といえるでしょう。食事の前に飲むというルールを自分で決めることにより、習慣化にもつながります。青汁は摂り続けることが重要とされているので、毎日続けられるように工夫していきましょう。


青汁でニキビが治る?効果的な飲み方とは?

青汁でニキビが治る?効果的な飲み方とは?

ニキビに悩んでいるかたは少なくないと思います。ニキビができることにより気分が下がることもあると思います。実際に海外では、ニキビが人の気持ちにどのような影響を与えるかについての調査も行われており、自尊心が傷つけられた、気持ちが暗くなるといった調査結果が出ているそうです。

このように、人の気持ちに影響を与えるニキビですが、青汁を飲むことによりニキビが改善するということがあるそうです。青汁に含まれる栄養素や食物繊維がニキビに与える影響を紹介ます。

ニキビの原因とは

ニキビの原因としては、肌のターンオーバーが乱れることにより、毛穴を古い角質がふさいでしまうことがあげられます。肌を清潔に保つだけでは改善することは困難であり、原因そのものの改善が必要といえます。ターンオーバーが乱れる要因とはなんでしょうか。

一つ目が食生活の乱れによるものです。食生活の乱れのほとんどは、野生不足が原因だといわれています。不規則な食生活や外食の多用など、意識しないと野菜を摂ることは少ない環境にいる方も多いのではないでしょうか。二つ目が便秘が原因のものです。腸内環境の悪化により、ニキビができることもあります。便秘になることにより、体内の老廃物を上手く排出できず、体全体の機能を低下につながるからです。

青汁の効果とは

青汁の特徴として、栄養価が高く、食物繊維が豊富なことがあります。ビタミンB群も多く含まれている青汁もあります。ビタミンB群の中でも、ビタミンB2はニキビに大きく関わるビタミンであり、肌や粘膜の健康を保つために重要とされています。脂質の分解や皮脂の分泌もコントロールしているビタミンであり、不足するとニキビができやすくなるだけでなく、悪化の原因にもなります。

また、青汁に含まれる食物繊維を摂ることで腸内環境の改善が期待できます。腸内環境を改善することで、便秘が解消でき、ニキビの発生率を下げることができるでしょう。

ニキビに効果的な青汁の飲み方

ニキビに効果が期待できる青汁ですが、効果的な飲み方をすることでさらにその効果を期待することができます。ここでは、ニキビの要因の一つである便秘を解消する飲み方に焦点を当てて紹介します。

飲むタイミングとしては、就寝前がおすすめとされています。就寝前に飲むことで朝のお通じがよくなるといわれているからです。青汁を活用するなかで最も大切なのは、毎日コンスタントに飲むことであり、効果が出るまで時間がかかることもありますが、習慣化することで効果が期待できるでしょう。


ダイエットに期待できる青汁の飲み方

ダイエットに期待できる青汁の飲み方

青汁にはダイエットに効果的な食物繊維が豊富に含まれています。しかし、ただ飲むだけでは効果を存分に体感する事ができません。正しい青汁の飲み方を覚え、よりダイエットしやすい体型を作り上げましょう。

青汁の飲み方には時間帯・組み合わせ・自分にあった飲み方、という3つの方法が挙げられます。ダイエットを効果的に行うためにも、ご飯を摂取する時間の前・後ろどちらで飲むべきなのかを知っておくようにしましょう。また、より効果的な青汁と別の飲み物との組み合わせ、というのも知っておくと、無理なく継続して摂取する事ができます。

青汁を飲む時間帯

青汁をダイエットのために活かすには、飲む時間帯をよく理解する必要があります。食物繊維やビタミン・ミネラルが多いからといって、闇雲に摂取しないよう注意しましょう。

ダイエットに最も適した青汁の摂取時間は、ご飯を食べる前の空腹時だとされています。これは血糖値の上昇を和らげるだけではなく、満腹中枢を刺激させないといった理由があるからです。また、ダイエットに欠かせない、GI値においても、最も値が低い食べ物から摂取する流れとなるため、余計なカロリーを体内に溜め込まずに済みます。

ダイエット用の食事との組み合わせ

青汁をただ飲むだけではダイエットに効果を発揮できません。普段から摂取する食事の内容についても見直してみましょう。

例えば、お肉やお魚など脂っこい食べ物を毎日摂取している方はいませんか。せっかく栄養豊富な青汁を食前に飲んでいても、それを上回るカロリーや脂質を摂取してしまっては意味がありません。ダイエットを行う際には、自分の体型や年齢などに合わせ、1日に摂取すべきカロリーを導き出しておくようにしましょう。

青汁に含まれるカロリーは、1杯あたり20キロカロリーしかないため、食事内容に大きな影響を与えません。そのため、基本となる食事の内容をよく考えておくことが、痩せるための大きな理由になるといえます。

自分にあった飲み方を

最後に挙げられるのが、青汁をより長期的に飲むための方法です。ダイエットや栄養に良いからといって、苦くても飲み続けるには、それなりの苦労が付き物です。そのため、自分にあった飲み方をあらかじめ考えておくようにしましょう。

例えば、豆乳とのミックスというのが挙げられます。牛乳と比べて飲み口が優しくなるだけではなく、豆乳が持つイソフラボンやサポニンといった栄養も補えるため、一石二鳥な組み合わせといえます。青汁の青臭さや苦味なども和らぐため、長期的に飲み続ける際にはオススメの方法でしょう。

また、フルーツジュースとの組み合わせは、今話題のスムージーのような口当たりとなるため、若い女性にも好評です。朝食の前の一杯として飲むには最適でしょう。


青汁の効果的な飲み方

青汁の効果的な飲み方

健康のために青汁を買ってみたのはいいけれど、いつ・どのように摂取したらいいのか分からない、という方も少なくないでしょう。そんな時にお教えしたいのが、青汁の効果的な飲み方についてです。

例を挙げると、より長い期間、青汁を飲み続けるための方法や、ミックスする飲み物などです。せっかく買ってみたものの、飲み方を間違えて捨ててしまうことのないように注意しなければいけません。

また青汁の栄養を効果的に摂取するため、用途別に時間帯を考える必要があります。ダイエット目的なのか、便秘を解消させたいのか、はたまた栄養補給のために飲むのかなど、あらかじめ明確な理由を持って青汁を購入するようにしましょう。

青汁との組み合わせ

青汁の栄養素をより効果的に摂取するためには、数ヶ月から1年と長いスパンで飲み続ける必要があります。とはいえ、味が苦手という方も少なくないでしょう。そこでオススメしたいのが、青汁と何かを掛け合わせて飲む方法です。

一般的なものとしては、マイルドな飲み口になる牛乳とのミックスです。一見意外そうな組み合わせにも感じられますが、ちょっと苦味のある野菜ミルクドリンクのような形で飲めるため、お子様にもオススメです。

また、野菜ジュースとミックスする、といったものもあります。青汁だけでは補えない、他の栄養素も合わせて摂取できるのでオススメです。

飲み方を間違えると損をする?

青汁にはさまざまなビタミンやミネラルが含まれているため、非常に栄養価の高い飲み物だと知られています。しかし、飲み方を間違えてしまうと、いろいろな面で損をしてしまう、というのをご存知でしょうか。

例えば、牛乳が大丈夫だからヨーグルトで飲んでみたという場合や、さわやかな飲み口にしようとして炭酸水と一緒に飲んでしまうと、青汁が持つ苦味や青臭さをダイレクトに感じてしまうためNGです。一見大丈夫そうな組み合わせであっても、そのまま飲みきることが出来ず、せっかくお金を出して買った青汁をムダにしてしまうため気をつけなければいけません。

効果的に飲むための時間帯

青汁をより効果的に飲むためには、摂取する時間帯にも気をつけて見ましょう。例えば、ダイエットを目的に摂取する場合には、食前にコップ1杯分を飲んでおくとよいでしょう。空腹により空になった胃の中に青汁が入るため、満腹中枢を和らげる事ができます。

また、一日の栄養補給を行うために摂取する場合には、朝起きた後すぐに飲む、というのが効果的です。睡眠中に失われたエネルギーを瞬時に補う事ができるため、目覚めのよい朝を迎えることができます。

飲む時間帯を意識するだけで、これだけの効果に違いが生まれます。購入しただけで満足せず、自分の健康のために効率のよい摂取を心がけましょう。


青汁を飲んでも便秘に効かない?そんな時の対処法

青汁を飲んでも便秘に効かない?そんな時の対処法

青汁を毎日飲んでもなかなか便秘が良くならない、そんな人はいませんか。もしかしたら色々な理由により、頑固な便秘状態を引き起こしているかもしれません。

青汁が便秘に効かない、と思い込む前に、一度自分の体に起きている問題や、摂取している青汁のタイプ、さらには普段の生活状況などを見直してみましょう。たったこれだけで、便秘改善により近づけます。そうすれば、自ずと堅い便もやわらかくスムーズに排出することができるでしょう。

便秘に効かない原因を考える

便秘になる理由は、その人によって異なります。青汁を飲んで期待通りの効果がなかったという場合には、何故効かないのか原因を探ってみましょう。例えば、女性が便秘を起こしやすい原因として、家事や育児によるストレスが関係しています。知らず知らずのうちに体の中で便秘の元となるストレスを溜め込み、いつのまにか便がカチカチになってしまう人が多いといわれています。

また男性の場合、同じようにストレスで便秘になる方が多いのですが、その原因は家庭内ではなく仕事によるものがほとんどだとされています。いずれにせよ、体の中から悪いモノを溜め込まないよう、日ごろから前向きな生き方をしましょう。

青汁のタイプを見直す

ストレスは特にないけれど、便秘の具合がよくならないという場合には、青汁のタイプを見直して見ましょう。例えば、ハチミツ入りといった、飲み口のよいものを選んでみるのがオススメです。健康のためだからといって、嫌々飲んでいてもカラダは正直に反応してしまいがちです。長く続けられるような、自分にあった青汁選びを行うようにしましょう。

また、青汁に含まれている成分が体にあっていない、というケースも少なくありません。飲んだ後にあまり体調が優れなくなる、と言う場合には、すぐに摂取を止めてお医者さんに相談するよう心がけましょう。

青汁だけではなく食生活から見直す

青汁を毎日摂取しているからといって、便秘が完全に治るわけではありません。そもそもの食生活が乱れてしまっては、カラダ全体のバランスもすぐに良くはならないでしょう。

日ごろからファストフードやゼリー飲料、パンやサンドイッチといった、栄養の偏る食事をしていませんか。仕事が忙しい時などには便利なものたちですが、毎日摂取しつづけると必要なエネルギーが蓄えられずに体力が減少してしまいます。

そんな時に便利なのがサプリメントや青汁といった栄養補助食品ですが、これらはあくまで補う役目のものであるため、全てに頼り切ってはいけません。まずは、普段口にしている食べ物について見直してみましょう。


1 / 3123