1 / 212

グルコサミンとコンドロイチンとヒアルロン酸

グルコサミンとコンドロイチンとヒアルロン酸

グルコサミン、コンドロイチン、ヒアルロン酸という名前を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。健康情報番組やテレビショッピングなどでも頻繁に耳にするようになった言葉だと思います。

この3つの成分は軟骨の働きに対して重要な役割を持ち、摂取することで関節痛や腰痛の痛みの緩和、軟骨の修復にも効果が期待されています。

そこで、ここでは、それぞれの成分について項目ごとに、特徴もあわせてご紹介させて頂きます。

グルコサミン

グルコサミンとは、糖の一種で動物の皮膚や軟骨、甲骨類の殻に含まれている成分です。人間の身体の中では、関節と関節の間でクッションの役割をする軟骨を構成する働きをしています。

加齢や関節への負担などにより軟骨がすり減ると、骨同士が擦れて骨の変形や痛みが生じます。これを変形性関節症と呼びますが、グルコサミンはこの関節の痛みを取り除くとともに、損傷した軟骨の修復、再生を促す働きをする中心的存在と言われています。

そのため、グルコサミンを摂取することで関節に関する悩みを改善してくれる効果が期待できるといわれており、注目を集めています。

片方の膝が傷ついたウサギにグルコサミンを与えた動物実験では、軟骨を構成する成分である「プロテオグリカン」が明らかに増えたという結果もでています。

コンドロイチンとヒアルロン酸

コンドロイチンは軟骨に栄養のある水分を運ぶ作用や、老廃物を排出する作用を持っています。また、その作用により、軟骨の保水性や弾力性を保持する重要な成分です。

つまり、ひざや腰の関節の滑らかな動きや、みずみずしい肌などはコンドロイチンの働きによるものです。軟骨の修復、再生機能も備えており、関節痛や腰痛にもよいとされています。

ヒアルロン酸は皮膚や関節、眼球に多く存在しているゼリー状の保湿成分で、非常に粘り気と弾性力があります。肌にいいことで有名ですが、ヒアルロン酸1gでなんと約6リットルの水分を保持できるともいわれています。

また、軟骨を形成し、関節の滑らかな動きをサポートする働きがあり、関節の痛みの緩和にも効果的です。ヒアルロン酸を軟骨細胞に与えると軟骨の形成が増加するという研究結果も出ています。

ヒアルロン酸注射についてよく耳にするかと思いますが、施術を考えているかたは、注射針を使用するためどうしても内出血がおき、数週間治らないことや、血行障害などの副作用がおこる可能性もあることを知っておいてください。

3つの成分の関係性

ここまで3つの成分について触れてきましたが、どれも軟骨に関連していて似ている部分があると思われたのではないでしょうか。この3つの成分に共通することとして、軟骨を構成する「プロテオグリカン」という成分についての解説が必要になります。

「グルコサミン」が、この「プロテオグリカン」を生成するものであり、そのプロテオグリカン」の中の成分に「コンドロイチン」と「ヒアルロン酸」が存在します。

それぞれの働きや特徴に違いはありますが、それぞれが作用しあって、軟骨や関節などの健康的な身体をつくっています。それぞれの成分をバランスよく摂取することが健康的な生活をおくるためには必要です。


グルコサミンやコンドロイチンは膝が痛いという症状に効果があるのか

グルコサミンやコンドロイチンは膝が痛いという症状に効果があるのか

年を重ねるとともに膝が痛いと感じることが多くなってきたという中高年の方が増えています。原因は、骨の成長を促すとともに、骨と骨との間の摩擦を軽減するクッションとしての役割を果たしながらスムーズな運動をサポートするグルコサミンやコンドロイチンが不足しているからだという指摘があります。

膝の痛みとグルコサミンやコンドロイチンとの関係はどうなっているのでしょうか。また、グルコサミンやコンドロイチンを補給することでどんなメリットがあるのでしょうか。

膝の痛み

ある日の朝、起きると膝に違和感を覚え、日が経つにつれて、「膝が痛い、階段の昇り降りがきつい」という症状が出てきたら問題です。

これは、外傷などの直接的な原因がないもので、身体の中に変化が起きていることを意味します。関節の骨と骨の間のクッションとしてスムーズな動きを可能にしている軟骨がすり減って、関節痛や変形性膝関節症の症状が出ていると考えられるからです。これは加齢に伴って誰にでも起こりうる現象であり、特に女性ホルモンの分泌とも関連が高いことから、50代以降の女性に多く症状がみられています。

日頃から軟骨をしっかりとサポートするグルコサミンやコンドロイチンを摂取しておくことがその予防にもなります。

膝の痛みとグルコサミン

グルコサミンとコンドロイチンは、ともに軟骨を維持するために不可欠な成分となります。なかでもグルコサミンは、すり減った軟骨を補修したり、再生したりする働きがあるといわれており、痛みの元となる関節組織の炎症を抑えてくれる効果が期待できます。

海外の研究によると、特に、膝が痛いと感じる初期や中期の変形性膝関節症の痛みを緩和させるのに効果があると言われていますが、重症化したり、慢性化したりしている痛みには効果が現れないこともあります。

痛みを感じる前の段階として、医薬品ではない栄養補助食品としてグルコサミンやコンドロイチンを適切に摂取しておくことが予防の第一歩であるといえます。

膝の痛みとコンドロイチン

コンドロイチンはグルコサミンとともに、軟骨を形成する主成分であるプロテオグリカンの原料となるものであるとともに、軟骨の破壊を抑制する働きがあるといわれています。グルコサミンと同様に、膝が痛いと感じる初期や中期の変形性膝関節症の痛みを和らげてくれるという実験データがありますが、重症化した場合や慢性化している場合には、あまり効果がみられないという点も同じです。いかに、膝の痛みがひどくならないうちに、グルコサミンやコンドロイチンを摂取するかが大切であるかがわかります。

また、グルコサミンとコンドロイチンを同時に摂取することで、単体で摂取するよりも、高い効果が得られると考えられているので、手軽にサプリメントで2つを継続的に摂取していくことが予防につながるといえます。


身長とグルコサミンやコンドロイチンとの関係性

身長とグルコサミンやコンドロイチンとの関係性

昔から身長を伸ばすためには、牛乳や小魚をたくさん食べてカルシウムを摂取することが大切だといわれてきましたが、最近になって、実はそうではないことがわかってきました。

中高年の方が膝痛や関節痛の緩和のために摂取しているグルコサミンやコンドロイチンにこそ、軟骨を強化し、骨の成長を促して身長を伸ばす効果があるといいます。

子どもさんの成長期に、効果的に身長を伸ばす効果がグルコサミンやコンドロイチンの成分のなかに本当にあるのでしょうか。

身長とカルシウム

昔から、身長を伸ばしたいという子供には、牛乳をたくさん飲ませるといいと言われていました。バレーボールやバスケットボールなど、特に身長の高さが必要となるスポーツをしている子供が一日に2本も3本も牛乳を飲んでいる姿が見られていたのではないでしょうか。

確かに、牛乳に豊富に含まれているカルシウムは、骨を丈夫にして身体の基礎部分の環境を整えるという点では有効です。しかし、最新の研究では、カルシウムそのものが身長を伸ばすこと及ぼす影響はあまりないという結果が得られています。身長が伸びる、つまり骨が成長することをサポートするには、軟骨をつくる成分に含まれるグルコサミンやコンドロイチンを摂取することが必要となるわけです。

グルコサミンやコンドロイチンと身長との関係

グルコサミンやコンドロイチンというと、関節痛や膝痛に悩む中高年の方が、痛みを緩和させるために摂取するというイメージがあります。しかし、摂取の本来の目的は、骨と骨との間のクッションの役割をする軟骨がすり減ることを防止するためです。身長が伸びるということは、軟骨部分が伸びることで骨が成長するということであり、つまり、軟骨がしっかりとしていれば、身長が伸びるということにつながるのです。

グルコサミンやコンドロイチンには、軟骨を強化、修復、再生する効果があるので、育ち盛りの子供さんの身長を伸ばすのにも期待が持てるということなのです。グルコサミン単体のみでなく、コンドロイチンも配合されたサプリメントで手軽に摂取されることをおすすめします。

身長を伸ばす鍵とは


Sleep Ii by Bitzcelt via Attribution Engine. Licensed under CC BY-NC-ND.

 

成長期の子供さんの身長を伸ばすには、カルシウムを十分にとって骨を丈夫にするとともに、グルコサミンやコンドロイチンが配合されたサプリメントで軟骨をしっかりとサポートすることが大切です。

それ以外にも、身長を伸ばす鍵があります。夏休みが明けると子どもさんの身長が大きく伸びているということがよくあります。これは、海水浴や昆虫採集などで外に出て紫外線を浴びる機会が増えたことによるものであるといわれています。紫外線は成長ホルモンを多く分泌させることがわかっており、サプリと紫外線の相乗効果で身長が伸びることが期待できるのです。

また、昔から寝る子は育つといわれるように、成長ホルモンが分泌される夜10時以降の睡眠も大切だといわれています。


変形性膝関節症とグルコサミンやコンドロイチンの関係

変形性膝関節症とグルコサミンやコンドロイチンの関係

年齢を重ねるにつれて、立ち座りや階段の昇降などがきつくなり、徐々に強い痛みを伴うこともあります。特に、女性ホルモンの分泌と密接な関連のある50代以降の女性に多く見られる変形性膝関節症は、一度発症するともとのような生活を送ることが困難になることもあります。

そもそも変形性膝関節症とはどんなものなのでしょうか。また、関節痛の救世主といわれているグルコサミンやコンドロイチンには、変形性膝関節症の治療や緩和に効果があるのでしょうか。

変形性膝関節症とは

変形性膝関節症とは、膝の関節でクッションの役割をしている軟骨がすり減ったり、筋力が低下していくことによって、炎症が起きたり、関節が変形したりして、痛みが発生する病気です。加齢とともに軟骨がすり減っていくことから、中高年に多い病気となっており、なかでも50代以降の女性に多くみられています。

初期症状としては、朝起きた時の違和感や軽い膝の痛みであることが多く、しばらくすると痛みが治まってしまうため、病院に行くこともないと放置してしまい、徐々に悪化していってしまいます。しかし、一度発病したら若い頃の膝に戻すことはできないので、軟骨のすり減りを防止するために、グルコサミンやコンドロイチンをサプリなどで効率よく摂取することが必要となってきます。

変形性関節症に効果のあるグルコサミン

なぜ、グルコサミン変形性膝関節症や関節痛に効果があると言われているのでしょうか。グルコサミンは、骨と骨とのクッションの役割を果たす軟骨を構成する成分であり、変形性膝関節症や関節痛で傷つき、すり減った関節の軟骨を修復して関節のスムーズな動きをサポートして痛みを緩和する効果があると期待されているものです。

以前は、変形性膝関節症は、治療が困難で感知できないものとされてきましたが、最近、欧米でグルコサミンによる治療を行ったところ、素晴らしい成果が収められたことが報告されています。なかでも、硫酸グルコサミンを摂取することによって、変形性膝関節症の根本治療が可能であると発表されてことにより、コンドロイチンとともに注目されることとなりました。

変形性関節症に効果のあるコンドロイチン

コンドロイチンは、その種類も多く、タンパク質に結合して複雑な構造を成しているため、その全貌を解明するには至っていません。しかし、変形性膝関節症に対する臨床実験は実施済みで、その有効性が確認されています。スイスの実験では、2年間にわたってコンドロイチンを服用した患者とそうでな患者を比較したところ、関節軟骨の維持や長期的な身体障害の縮小がみられたという結果が得られており、それ以来、ヨーロッパの医学界では、コンドロイチンが関節症の治療薬として広く認められています。

コンドロイチンは、グルコサミンと同様にほとんど副作用がなく、軟骨のすり減りを予防する可能性がありますが、即効性はないため、良質なサプリメントで継続して摂取することが大切といえるでしょう。


グルコサミンとコンドロイチンの相乗効果

グルコサミンとコンドロイチンの相乗効果

グルコサミンには、アミノ酸の一種であり、軟骨を構成する重要な成分であるプロテオグリカンの原料です。軟骨を修復したり再生させたりするはたらきや、軟骨を強化するはたらきを持っています。一方、コンドロイチンには、ムコ多糖類の一種で、グルコサミンと同様にプロテオグリカンの原料になるほか、軟骨に水分や栄養分を与えて老廃物を排出させる効果があります。

また、両方を一緒に摂取することで単体で摂取するよりも高い効果が得られるといわれていますが、どういうことなのでしょうか。

グルコサミンの効果

グルコサミンは、アミノ糖の一種で、人の体内でブドウ糖を原料としてつくられている健康には欠かすことができない成分です。体内で生成されたグルコサミンも食材から摂取されたグルコサミンも軟骨を構成する成分、ヒアルロンさんやコンドロイチン硫酸の原料となります。

近年、グルコサミンがどのように関節や軟骨に作用するのかという研究が盛んに進められていて、そのメカニズムが解明されつつあります。研究によると、グルコサミンは、軟骨成分の原料となるだけでなく、軟骨の修復や再生を促したり、炎症を鎮めたりする働きがあることがすでに確認されており、健康な生活を維持していくうえで必要不可欠なものであることが証明されています。

コンドロイチンの効果

グルコサミンと同様に軟骨に働きかけるコンドロイチンは、そのほかあらゆるところにも効果があるといわれています。コンドロイチンは、いろいろな臓器や皮膚、爪や粘膜などに存在していて、瑞々しく保つために水分を引きよせ維持する働きをしています。皮膚や髪の毛の保湿性を高めて潤いを与える化粧品や涙の成分と近いことを利用した眼薬に添加されるなど、幅広い分野で活用されています。

カルシウムの代謝にも大きくかかわると考えられているため、若さと健康を保つ効果があると期待されています。また、コラーゲンの合成をサポートして軟骨の潤滑油としての役割を担ったり、軟骨を破壊する酵素を調整したりする役割も果たしており、健康に欠かすことができないものとなっています。

グルコサミンとコンドロイチンはあわせて摂取しよう

グルコサミンとコンドロイチンには、それぞれ軟骨のスムーズな動きを強力にサポートする働きがあることは理解されていますが、単体でグルコサミンを摂取するよりもコンドロイチンを併せて摂取する方が、相乗効果によってさらに効果が期待されるといわれています。

グルコサミンは軟骨の再生や修復を促すとともにコンドロイチンの生成もしますが、とても時間がかかります。そのため、コンドロイチンが不足がちとなって、再生された軟骨が十分な機能を果たすことが難しくなってしまう場合があるのです。このコンドロイチンの減少を抑え、グルコサミンの軟骨再生機能をサポートするためには、両方が配合されたサプリメントを効率的に摂取することが必要であるといえます。


1 / 212