1 / 3123

糖尿病患者はグルコサミンに注意

糖尿病患者はグルコサミンに注意

身体にいいと言われているグルコサミンですが、糖尿病患者や予備軍の方は相性が良くない場合があるので注意が必要です。糖尿病の患者がグルコサミンを摂取し続けると、インスリンが効きにくい状態になったという結果が出ています。

グルコサミンはブドウ糖の構造が一部アミノ基に置き換わった糖質です。ブドウ糖そのものではなくなるため、摂取して血糖値にそのまま影響を与えるわけではありません。

しかし、高血糖になる可能性もある為、糖尿病の人は必ず医師に相談したうえで、血糖値の変化を見ながら使用するようにしてください。

グルコサミン摂取で血糖値が上がることはない

以前は、糖尿病患者がグルコサミンを摂取することで血糖値が上がると言われていたこともありましたが、基本的にはグルコサミンのサプリメントを飲んでも血糖に影響を与えることはないと判っています。

1日あたり1,500mgのグルコサミンのサプリを飲んでも糖尿病の血糖に影響を与えることはないだろう、と結論づけた論文もあります。このように、適切な飲用を行っていれば、経口摂取で安全性が確認されています。

インスリンの抵抗性を高めてしまう

インスリンの抵抗性を高めてしまう

血糖の量を体内でコントロールしてくれる「インスリン」というホルモンの作用が弱くなってしまう糖尿病患者にとって、インスリン治療は欠かせないものです。

ところが、グルコサミンがそのインスリンの効果を効きづらい状態にしてしまうという説があります。どういう状態か説明すると、分泌されたインスリンが正常に糖へ変換されない状態ということです。

グルコサミンがインスリンの抵抗性を高めてしまうといった内容の論文が複数存在するので、グルコサミン摂取を考えている場合は医師に確認するようにしましょう。

血糖コントロールの悪い人は要注意

「グルコサミンが血糖に影響を与えることはない」と前述しましたが、「血糖コントロールができる人の場合」という前提条件がつくと、国際的な医学雑誌であるJAMAは結論づけています。

血糖値が非常に高い「糖毒状態」ではインスリン分泌も減り、インスリンの作用も低下します。グルコサミンがそれに影響している可能性があると考えられています。


適切なグルコサミンの摂取量

適切なグルコサミンの摂取量

グルコサミンは関節の痛みを取り除くとともに、損傷した軟骨の修復、再生機能を持つ成分で、健康的に生活するために欠かせないものとして注目されていますが、適切な摂取量はどのくらいなのでしょうか。

1日の摂取目安量は1500mg程度が良いとされています。正確に厚生労働省などによって定められているわけではありませんが、この値を下回ると、効果が出るのに時間がかかってしまいます。

また、摂取しすぎたとしても自然に体外へ排出されるようになっているため、多めに摂取しても問題ありません。

試験の例でみるグルコサミンの摂取量

グルコサミンが変形性関節症に対して有効だという結果の出た試験において、その際のグルコサミンの摂取量は1,000~1,200mgでした。

これが、日本でグルコサミン塩酸塩の効果を確かめる臨床試験となると、1日あたり1,500~2,000mgで摂取をするようになります。それくらい、グルコサミンの摂取量は考え方によって違いがあるのです。

何から摂取すればよいか

グルコサミンは食事でも摂ることができます。しかし、毎日大量に摂取することが難しいため、サプリメントで摂取する方が一般的です。

効果を体感できるまでに最低でも半年はかかると言われているため、毎日の習慣として飲み続けましょう。

グルコサミンを多く含む食品は、動物性と植物性のものがあります。代表的であるのは、カニやエビなどの甲殻類、その他にはフカヒレやうなぎ(動物性)、ヤマイモやオクラ、なめこ(植物性)等があります。

含有量が少ないので必要量を摂取しようと思うとかなりの量が必要になります。また、甲殻類アレルギーの人はアレルギー反応が出る可能性もあるので過剰摂取には注意してください。

体重ごとの摂取目安と摂取の仕方

グルコサミンの1日の摂取目安は体重ごとに効果的な量が異なると、アメリカの研究で発表されています。神経質にきっちり守る必要はありませんが、目安として把握しておきましょう。


グルコサミンとコンドロイチンとヒアルロン酸

グルコサミンとコンドロイチンとヒアルロン酸

グルコサミン、コンドロイチン、ヒアルロン酸という名前を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。健康情報番組やテレビショッピングなどでも頻繁に耳にするようになった言葉だと思います。

この3つの成分は軟骨の働きに対して重要な役割を持ち、摂取することで関節痛や腰痛の痛みの緩和、軟骨の修復にも効果が期待されています。

そこで、ここでは、それぞれの成分について項目ごとに、特徴もあわせてご紹介させて頂きます。

グルコサミン

グルコサミンとは、糖の一種で動物の皮膚や軟骨、甲骨類の殻に含まれている成分です。人間の身体の中では、関節と関節の間でクッションの役割をする軟骨を構成する働きをしています。

加齢や関節への負担などにより軟骨がすり減ると、骨同士が擦れて骨の変形や痛みが生じます。これを変形性関節症と呼びますが、グルコサミンはこの関節の痛みを取り除くとともに、損傷した軟骨の修復、再生を促す働きをする中心的存在と言われています。

そのため、グルコサミンを摂取することで関節に関する悩みを改善してくれる効果が期待できるといわれており、注目を集めています。

片方の膝が傷ついたウサギにグルコサミンを与えた動物実験では、軟骨を構成する成分である「プロテオグリカン」が明らかに増えたという結果もでています。

コンドロイチンとヒアルロン酸

コンドロイチンは軟骨に栄養のある水分を運ぶ作用や、老廃物を排出する作用を持っています。また、その作用により、軟骨の保水性や弾力性を保持する重要な成分です。

つまり、ひざや腰の関節の滑らかな動きや、みずみずしい肌などはコンドロイチンの働きによるものです。軟骨の修復、再生機能も備えており、関節痛や腰痛にもよいとされています。

ヒアルロン酸は皮膚や関節、眼球に多く存在しているゼリー状の保湿成分で、非常に粘り気と弾性力があります。肌にいいことで有名ですが、ヒアルロン酸1gでなんと約6リットルの水分を保持できるともいわれています。

また、軟骨を形成し、関節の滑らかな動きをサポートする働きがあり、関節の痛みの緩和にも効果的です。ヒアルロン酸を軟骨細胞に与えると軟骨の形成が増加するという研究結果も出ています。

ヒアルロン酸注射についてよく耳にするかと思いますが、施術を考えているかたは、注射針を使用するためどうしても内出血がおき、数週間治らないことや、血行障害などの副作用がおこる可能性もあることを知っておいてください。

3つの成分の関係性

ここまで3つの成分について触れてきましたが、どれも軟骨に関連していて似ている部分があると思われたのではないでしょうか。この3つの成分に共通することとして、軟骨を構成する「プロテオグリカン」という成分についての解説が必要になります。

「グルコサミン」が、この「プロテオグリカン」を生成するものであり、そのプロテオグリカン」の中の成分に「コンドロイチン」と「ヒアルロン酸」が存在します。

それぞれの働きや特徴に違いはありますが、それぞれが作用しあって、軟骨や関節などの健康的な身体をつくっています。それぞれの成分をバランスよく摂取することが健康的な生活をおくるためには必要です。


グルコサミンを食品から摂取するには

グルコサミンを食品から摂取するには

グルコサミンは、関節を生成するのに非常に有効な役割を持っている成分です。そのため、このグルコサミンが体内で不足してしまうと、関節を形成している軟骨がすり減ってしまい、膝の痛みなどを引き起こしやすくなってしまうのです。

健康な生活をおくるために大切なグルコサミンですが、このグルコサミンを普段の食生活の中で取り入れていくにはどのようにすればいいのでしょうか。

グルコサミンが含まれている食品について、そしてどのように摂取していけばいいのかということについてご紹介しましょう。

グルコサミンが含まれる食品

グルコサミンを普段の食事から摂取するには、どのようなものを食べればいいのでしょうか。

グルコサミンの原料となるキチンが多く含まれているものとしては、海老やカニといった甲殻類の殻の部分があります。キノコ類の細胞壁にも多く含まれているとされています。

その他には、フカヒレや軟骨、オクラや山芋といった食品に、グルコサミンが含まれているとされています。しかし、その量がそれほど多くないために、あまり効率よく摂取することは難しいようです。

普段の生活で摂取するには

普段の生活で摂取するには

グルコサミンが豊富に含まれているとされている甲殻類の殻などは、なかなか食べることは無いのではないかと思います。

キノコは普段から食事に取り入れられますが、元々グルコサミンの原料であるキチンという物質は、身体に吸収しづらい物質とされています。そのため、たくさんのキノコを摂取したとしても、実際に身体に吸収されていくのはわずかな量となってしまうようです。

それでも少しでも多く摂取しておきたいグルコサミン。オクラや山芋、キノコ類といった食事に取り入れやすいものを普段の食事で積極的に入れるようにしていくと良いでしょう。軟骨のスープを作ったりするのもおすすめですよ。

サプリメントを活用する

普段の食事ではグルコサミンが充分な量を取り入れるのは難しくなっています。そのため、積極的に活用していきたいのが、グルコサミンのサプリメントです。

グルコサミンは、若いうちは体内でも多くの量を生成することができるのですが、年齢を重ねていくとグルコサミン量が充分のに生成されなくなってくるため、足りなくなっていきます。結果、関節痛などのトラブルが起こりやすくなってきてしまうのです。

それを防ぐためには、グルコサミンをサプリメントでおぎなっていくことが大切なのです。食品からの摂取が難しいグルコサミン。自分に合ったサプリメントを探して、上手に取り入れていきましょう。


グルコサミンと副作用の関係

グルコサミンと副作用の関係

サプリメントなどとして多くの人が名前を知っているグルコサミン。そんなグルコサミンですが、副作用があるのではないかということがささやかれています。健康のために摂取しているグルコサミンが、まさか副作用で健康を害してしまっては意味がありません。

では、実際にグルコサミンを摂取することで副作用があるのか、もしあるとすれば、どのように気を付ければそれを回避することができるのか。グルコサミンの摂取と副作用の関係についてご紹介していきます。

グルコサミンとは

関節の痛みなどに効果があるとされているグルコサミンは、一体どのようなものなのでしょうか。

グルコサミンは、アミノ糖と呼ばれる物質であり、軟骨の中に含まれています。グルコサミンを摂取することで、軟骨の生成を促してくれます。

グルコサミンは、身体の中で生成することができる成分なのですが、年齢とともにその量がどんどん減少していきます。年齢を重ねると、膝などの関節の痛みが強くなってくるのは、グルコサミンの量が減ってしまい、軟骨の生成が追いつかなくなるからなのです。

グルコサミンは食事からの摂取が難しいので、サプリなどで摂取することがすすめられています。

副作用はあるのか

副作用はあるのか

グルコサミンの摂取によって起こされる副作用としては、便秘や下痢といった胃腸関係の症状が起こることが多いようです。

ただし、これはグルコサミンの量を多く摂取しすぎたときに起こる可能性が高くなるため、摂取量に気を付けることで回避することができます。元々胃腸が弱いという方は、体調を確認しながら摂取量を調整していったほうが安心でしょう。

もうひとつ注意が必要なのは、アレルギーの問題です。グルコサミンは海老やカニなどを原料としていることがあるので、甲殻類アレルギーを持っている方は、避けた方が良いでしょう。

安全にグルコサミンを摂取するには

グルコサミン摂取で引き起こされる副作用としては、多量摂取によって引き起こされるものが多いのです。

グルコサミンは、サプリメントなどで摂取しなくても、身体の中で生成することができる成分です。そのため、サプリメントの摂取目安量をしっかりと守るようにすれば大丈夫です。

また、初めて摂取をするときには少量からはじめていき、身体の調子をみながら少しずつ増やしていくと良いでしょう。

持病があったり服用している薬がある方は、グルコサミンの作用によって何らかの作用を起こす可能性もあるので、まずは医師に相談するようにしましょう。グルコサミンを摂取することで、何か身体に不調があった場合は、すぐに摂取を辞めるようにしましょう。

 


1 / 3123