青汁のコレステロールを下げる効果

青汁のコレステロールを下げる効果

青汁のコレステロールを下げる効果

食の欧米化がすすみ、日本で生活している方の多くが動物性脂肪の多い肉中心の食事になってきています。動物性脂肪やケーキなどの甘い物を食べ過ぎてしまうとコレステロールの増加に繋がります。

コレステロール値増えている状態は動脈硬化を引き起こす可能性があったり、心筋梗塞や脳梗塞を引き起こす可能性もあり、最悪、死に至る可能性がありますので注意したい所です。

青汁の原料に使われているケールや大麦若葉、明日葉にはビタミン類や食物繊維が豊富に含まれていますのでコレステロールの増加を下げる効果が期待できます。

コレステロールを減らす効果が期待できる青汁

青汁にはビタミン類や食物繊維が豊富に含まれています。青汁に含まれるビタミンCにはコレステロールを胆汁酸に変化させて、体外への排出を促す効果あったり、ビタミンEやビタミンBなどは、コレステロール値を低下させる効果が期待できます。

また日常生活では摂取する事が難しくなってきた食物繊維は、食事から摂取したコレステロールが体に吸収されるのを防いでくれる効果が期待できます。食物繊維はコレステロールを吸着し便と一緒に排出させる効果があります。

普段の生活を送っていると中々食物繊維を摂取するのが難しくなってしまっていますので、青汁のように容易にコレステロールの値を低下させるのはかなりおすすめです。

コレステロールを減らすために青汁を選ぶ理由

コレステロール値の減少に効果のあるビタミンCはレモンなどで摂取する事ができますし、ビタミンEはアーモンドや魚介類に豊富に含まれています。また、ビタミンB群はいわしや落花生などに豊富に含まれています。

その為、それらを食べれば青汁を飲まなくてもいいと思っている方も多いのですが、青汁は手軽さとコストパフォーマンスの高さという絶対的なメリットがあります。

もちろん食事からコレステロール値を下げる栄養素を摂取する事が出来るのが理想ですが、働いていると中々難しいと言えます。値段も安く水に溶かすだけという気軽さから青汁は大人気となっているのです。

青汁が選ばれる理由とは

青汁を飲む目的は人によって異なります。以前はテレビのコマーシャルはご年輩向けの物が多かったのですが、ダイエットで体重を減らしたいという人方や、美肌になりたい方も積極的に青汁を摂取しています。

最近では、生活習慣病にかかっている方も増えていますが、糖尿病や動脈硬化などの生活習慣病予防にも効果のある青汁を定期的に愛飲される方が増えて来ています。最近ではコレステロールを抑える効果のあるキトサン配合の青汁も登場していますので、ぜひ試してみてください。


一覧に戻る