青汁の3大原料!ケール・大麦若葉・明日葉の違いって?

青汁の3大原料!ケール・大麦若葉・明日葉の違いって?

大麦若葉

青汁には実に様々な原料が用いられており、その成分も製品によってかなり違ってきます。しかし、その中でも代表的な原料と言えるのが「ケール」、「大麦若葉」、「明日菜」の3つです。
これらにはどのような特徴と効用があるのか。その辺りについて説明をしていきましょう。

栄養豊富だけど苦いケール

ケールは地中海原産の野菜で、ヨーロッパでは普通に食されますが、日本ではあまりなじみのない食材です。
キャベツの仲間ではあるものの、苦さやえぐみが際立っており、青汁を不味くしている主犯格だと言えます。それなのになぜ、青汁の原料として重宝されているかと言えば、栄養価が非常に高いからです。
まず、ビタミンAやβカロチンの量はキャベツの数百倍で、ビタミンCなどのその他ビタミン類も豊富に含まれています。その上、多量の食物繊維や脂質、たんぱく質、おまけに、カルシウムやリンといったミネラルもその中に詰め込まれているというのですからまさに、栄養の宝庫です。
これで美味しければ文句がないのですが、逆に言えば、このケールは良薬口に苦しを体現した存在だとも言えます。

バランスが良く飲みやすい大麦若葉

ケールと並ぶ青汁の主原料が大麦若葉です。字のごとく、若い段階で収穫した大麦の葉の部分のことで、その栄養バランスの高さはケールにも劣りません。
まず、鉄、亜鉛、カルシウムなど普通の食事では摂取しにくいミネラルが大量に含まれています。
その上、抗酸化作用によって生活習慣病を防ぎ、美肌を保つ働きのあるSOD酵素をその身に秘めているのです。この酵素を持つ食品は少ないので貴重な存在と言えるでしょう。
そしてもちろん、ビタミンB群やビタミンCといったビタミンも豊富です。
昔は青汁の原料と言えばケールがその大黒柱でしたが、最近では大麦若葉を中心にしたものが増えている傾向にあります。なぜなら、大麦若葉にはケールのような苦みやえぐみがそれほどなく、味わいもすっきりとしているからです。

ちょっと独特な風味の明日葉

明日葉は日本原産のせり科の植物で、天ぷらや炒めものにして食されていますが、一般家庭の食卓ではあまりなじみがありません。一番の特徴は独特な風味で、そのため、うどんやそばの薬味としても用いられることがあります。
この明日葉も食物繊維やビタミンが豊富な他に、血糖値を下げる働きがあるカルコン、免疫力を高めるルテオリン、抗酸化作用のあるカルコンなどといった他の食材では摂取しにくい貴重な成分が含まれています。
最近は、毒素を排出するという意味で使われるデットックスという言葉が流行っているため、明日葉はデットクス食品としても注目されているのです。


一覧に戻る